名探偵コナン 銀翼の奇術師

名探偵コナン 銀翼の奇術師

作品情報

新着感想・ネタバレ

toshibakuonの感想・評価
飛行機苦手の自分がさらに飛行機嫌いになってしまうほどだった。密閉空間で上空にいれば普通の精神状態ではないのに行動できる冷静さがすごいな。まだこの頃のキッドはチャラすぎず敵対関係にあるコナンではあるけれどそこはお互い信じ合う絆みたいな感じが良い。でもこの作品の見所は何と言っても蘭の告白。
southpumpkinの感想・評価
監督が交代した劇場版コナン。怪盗キッドが予告をした飛行機内で殺人事件が発生します。コナン(工藤新一)含む高校生だけで飛行機を着陸させるという”他の大人はなにしてるんじゃ!”という展開があり、アクション増し増しと言われる本作ですが、その前の殺人事件パートは結構好みだったりします。いつどこで誰が毒を仕込んだのか、一緒に考えることができますね。ただ、「なぜ今なのか」というのが明確ではなかった。あんな閉鎖空間で容疑者が絞られる状態でなぜ犯行に及んだのか、という論理の漏れがありますが、コナン劇場版的に言えば気にならない方です。
そしてもちろんフライトパニックもの、としてこの映画の面白いところは着陸シーンではなく、「どこに着陸させるのかコックピットでディスカッションするシーン」だと個人的には思っています。予定の滑走路がダメになり、飛行機を降ろすところをみんなで考えるのですが、コナンと灰原のモンスターとも言える博識っぷりが冴え渡ります。大の大人が様々な文献をあたって調べに調べた情報を小学生(本当は高校生と大人だけど…)に喋らせる。これはコナンじゃないとできない芸当でしょう。このシーンに違和感がないのは、まさにコナン映画ならでは、ということになります。
劇場版の中ではかなり好きな方に入ります。
Kaz2の感想・評価
記録用
ciatrをフォロー: