アンデッド

アンデッド

作品情報

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
本作で手腕を認められ、次作『デイブレイカー』でイーサン・ホークと出会い、そのイーサン・ホークで撮ったのが傑作『プリデスティネーション』というスピエリッグ兄弟(双子)監督。資料によると本作公開からその手腕は認められていたそうです。持ち味は脚本。チグハグ一向逃避行ゾンビもの、という8割のゾンビ映画が辿るテンプレートを踏襲しつつ、なにか違和感をばら撒き続ける。いつものゾンビ映画と様子が違うな…?という直感が的中。ちょっと観たことがないタイプのラストとオチです。よく考えてみるとあの名作SF映画のオマージュですね。ちょうど逆になっているということでしょうか。
ゾンビ映画好き、SF映画好きにはオススメの映画かと思います。
ciatrをフォロー: