殺人の追憶

殺人の追憶

作品情報

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
とある田舎で連続強姦殺人が発生。怠慢な警察は拷問により容疑者に自白を促すが、遅れてやって来た都会の刑事は批判的。彼らは次第に犯人を応用になるが…。
連想するのはフィンチャー『セブン』『ゾディアック』です。嫁の登場が『セブン』の距離感と同じでした。あ、これはもしかして…!と思ったら…。衝撃的な展開です。明らかに「『セブン』を観た人」を明確に意識していたように思いました。最高です。『ゾディアック』ぽさもどんどん出てきます。オチなんてほとんど、なのですがなんと『ゾディアック』前に撮られた映画でした。フィンチャーが意識したのか?しかし『ゾディアック』よりも理解しやすくわかり易いので(『ゾディアック』が難しいとも言える)おすすめです(前にも何かのレビューで似たことを書いた気がしますが思い出せません)。
韓国ノワールとしてはド派手ではないもののずっしりと重い。粗暴で直感的な刑事に対して、知的で論理的な刑事が活躍するが、それは最後まで続かない。テンプレを狂わせる良作でした。
enchang318の感想・評価
2017年度4本目
hattinの感想・評価
2016.2.8 家
ciatrをフォロー: