エレファント

エレファント

作品情報

原題 ELEPHANT
日本劇場公開日 2004年3月27日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

mazda620の感想・評価
アメリカ版『桐島部活辞めるってよ』
しかし桐島よりずっと重苦しい、1999年にアメリカの高校で実際に起きた事件を描いた作品。
映画の作りは桐島とほとんど同じ"その事"が起きるまでのその日を、それぞれの目線で描く。
高校生のなんとなく生きてる感じの絶妙さすごくよかった。共感できて自分のすごく身近に感じる桐島に比べて親近感というのはまったくないけど、見終えた後スッキリさせる映画らしさというのを無視して、この事実を淡々と突きつけてくる感じはものすごくリアルだった。
「みんな死ねばいいのに」とか「学校なんかなくなればいいのに」とか簡単に発するけど、本当に不満がたまって"やだメーター"が溢れた時、わりと軽いきもちでそれらを実際に行動できてしまう。キャピキャピした女の子達が、なんか爆発音聞こえなかった?いいよこんな学校吹っ飛ばされちゃえ。って言う。言葉だけで簡単に外に不満を投げれるタイプの子達。そうできない子達もいる。簡単に死ねって言う子と、たまりにたまって死ねって言う子。そういう差が描かれてた。目の前に危機がきて、初めて自分が安易に発したその言葉が事実になるのが嫌だって思えた彼女たち。
決して肯定してはいけないけど、何故そうなったかというのを考えた時、否を向けられる対象は彼等だけではないはず。周りが思ってる以上に彼等の限界は溢れそうになってる。彼等もまた溢れそうな嫌なきもちを...
monoral_stereoの感想・評価
こんなに怖いエリーゼのためにもない。
まさに恐ろしいほど日常と地続き。
hiyoko_jigokuの感想・評価
カンカンカンカンばんさんかん
ciatrをフォロー: