デス・フロント

デス・フロント

作品情報

新着感想・ネタバレ

whentheycryの感想・評価
ジェイミー・ベルにハマったので見て見ました!

崖っぷちの男、ジャンパー、フィルス、スノーピアサーは今まで見てたけど、リトルダンサーを見て好きになったのであれから2年後のこの映画の彼の演技はやっぱり上手くまた全く別の役を演じてるからファンとして見てて楽しかった!
スリルはずっとあるけど戦争ものが苦手な僕としてはスリルしか目に付かなくてずっとハラハラでした笑
ハラハラしても特に何もなかったけど笑

原題のDETHWATCHは言い得てて良いと思ったけど何故か邦題はデスフロント(´・_・`)
しかも広告のタイトルの下には「死んでも、三途の川すら渡れない!」
、、、ダサすぎる上にストーリー冒頭で予測する展開を裏付けネタバレ。
邦題酷過ぎます(´・_・`)

終わり方は凄く好きだったしハラハラしてし、戦争ものなとこも良かったと思います!

あと、戦争の恐ろしさも伝わってきた。
"有刺鉄線"っていう見える恐怖はわかりやすく、映画仕様にされただけであって、有刺鉄線が殺すより殺し合いの方が多かった。それはやっぱり戦争によって、戦地の兵士たちは精神をやられてしまって味方すら敵に見えて殺してしまう。そういったことも伝わってきました。
最後のオチとかもまさに戦争のおそろしさが招いたものだったし。
そう考えるとメッセージ性が強い映画ですね。
ciatrをフォロー: