ナイン・ソウルズ

ナイン・ソウルズ

作品情報

新着感想・ネタバレ

o325の感想・評価
『ポルノスター』『青い春』と続いてきた豊田利晃監督による青春3部作の完結編。と言っても僕ポルノスターは観てないです笑

9人の脱走犯が脱走の末に何を求めどこに向かうのか...と言ったストーリーですが、脱獄・脱走映画ではないです。かと言って、現代の社会の闇の部分がやっぱりあるんですが悪にも何かしらの理由が存在するという事は臭わせつつ深くは掘り下げない...9人も居ればしょうがないですが勿体無い。
そして、私はこのような映画をカッコ良いと思えないのも要因ですが...んー。
下手にいい話にせずに行き着くところに向かったラストは印象的でよかったです。
そして原田芳雄さんの渋カッコ良い演技素晴らしかったです!音楽も素晴らしかったです!

ところでPCからいいねもコメントも出来ないですしそろそろ使いづらいですね...
____RiN____の感想・評価
揃いの白いツナギに坊主頭のワケあり9人、真っ赤なボロボロのキャンピングカー。シャレにならない泥だらけの道中は、どこかユーモラスに、それでも坂を転がるように確実に進んで行きます。

「ポルノスター」「青い春」そして今作「ナイン・ソウルズ」で完結する豊田監督の凶悪青春三部作。最終章のこちらは、元凶悪犯現脱獄囚9人が繰り広げる、哀しくもどこかユーモラスなロード・ムービーでした。
前作のヒットを受けたからか、びっくりするほどの豪華キャスト。伊東美咲のストリッパー役はあまりにも似合わなすぎてずっこけましたが、板尾創路のAV男優界の帝王役はハマりすぎ。
そしてなにより、この映画の父親的存在である原田芳雄さんの渋い演技には、目頭が熱くなります。

halu1211の感想・評価
記録用
ciatrをフォロー: