ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

作品情報

原題 THE LIFE OF DAVID GALE
日本劇場公開日 2003年7月26日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

riceballmeshiの感想・評価
すごかった。重いけど、素晴らしい映画でした。
taichimachimaの感想・評価
死刑制度撤廃を訴える活動家デビッド・ゲイル(ケビン・スペイシー)が、同じ活動家へのレイプ殺人の容疑で逮捕。皮肉にも死刑宣告を受ける。無実を訴えるデビッドだがその真相は・・・というどんでん返し系映画です。
ありがちといえばありがちな内容でしたが、十分に楽しめました。日本では死刑制度についての議論が活発でないこともあり、正直なところピンとこない部分もあったんですが、サスペンス要素、社会派要素がいい感じに組み込まれていた感はありました。ケイト・ウィンスレットがやたらに泣くもんで、そこらへん少し抑えて欲しかったかなあ。
Daiki_Kinoshitaの感想・評価
監督 アラン・パーカー
脚本 チャールズ・ランドルフ

2003年公開


この作品のオチ(設定)を思いついた時点で、これくらい面白いのは確実だろうな。
でも、もっと爆発力があっても良い内容だと思うし、もっとサスペンス性を演出できる見せ方もあったのかもしれない。

やはりサスペンスは面白いな。

ケイトウィンスレットキレイ。
ciatrをフォロー: