チョコレートの感想・評価・ネタバレ

3.3
48
24

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

Yoshiokaの感想・評価
2015/9/23
Monster's Ball
Minori__Yamaguchiの感想・評価
黒人差別、死刑とかテーマは1つ1つすごく深いのに、色々詰め込みすぎたせいで、どれも中途半端に終わってたのが残念
演技のことはよく分からないけど、最後のハルベリーの涙の流し方は感動した
余韻がしばらく続きそうな映画
Leo__Nakabayashiの感想・評価
Manaka_Takamoriの感想・評価
DVDで。
tategotoの感想・評価
2004.9月以前に鑑賞
____RiN____の感想・評価
甘い題名からラブロマンスかと思いきや大違い、ハル・ベリー主演の、黒人差別問題をベースにアメリカ社会に根付く格差を辛辣に描きだした社会派映画作品。

死刑宣告を受けた夫に別れを告げるレティシア、夫の死刑を執行した看守ハンクの出会いから物語は始まる。

この映画はまぎれもなく恋愛映画だが、甘くときめくラブロマンスではなく、相手の人生と大きく関わっていくという意味での「恋愛」を描く苦く辛い映画だ。
チョコレートは本来気付け薬に使われたほど口に苦い飲みものであったという。
なるほど、そう簡単に飲み下せない映画だ。