光の旅人/K-PAX

光の旅人/K-PAX

作品情報

原題 K-Pax
日本劇場公開日 2002年4月13日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

riceballmeshiの感想・評価
不思議系。
kinakomochitaroの感想・評価
グランド・セントラル駅で自らを宇宙人だと主張する男が保護され、精神病院に入院するところから物語は始まる。
'K-PAX'という星からと言うプロート(ケヴィン・スペイシー)と仕事に追われる精神科医のマーク・パウエル(ジェフ・ブリッジス)の出会いから、周りの環境が少しずつ変わっていく。彼はただの精神異常者なのか、それとも本当に宇宙人なのか…。

オープニングからラストまで不思議な時間が流れ、どんどん引き込まれていく。ケヴィン・スペイシー好きには彼の「異常なのに説得力のある」演技がたまらない。
個人的にはこの作品の光の綺麗さがとても好き。
Yukari__Nakaoの感想・評価
不思議な感覚にとらわれる映画でした。

最後までこれはどうなるのだろうと
展開が予想できず。

でも、こうであってほしいなぁという
ラストでなんだか洗われました。

ケビンスペイシーはやはり素晴らしい。
ciatrをフォロー: