害虫

害虫

作品情報

新着感想・ネタバレ

Moto_Ishidukaの感想・評価
うわぁぁってほどの残酷な映画ですね。主人公の女の子のどんどん崩れていく様子が描かれた作品といってもいい。いや、最初から崩れてた。治りきってない傷にさらに重ねて何度も何度も傷がついて、最後には修復不能になってしまった感じ。
そんな彼女こそが害虫なんだろうか。一見、被害者な彼女の存在だけど、周りが汚れてたからなのかそこに自ら導いたからなのか、正常とは言い難いその場に彼女は立っていた。
それを裏付けるかのように、彼女をそこから救い出そうとした唯一の友だちである夏子の家に火をつけたシーンはもう彼女に救いの手はないと断言されてた。
『あらゆる悪徳こそが人間存在の本質であり、善とはただかろうじて悪ではない状態に過ぎないのだと考えるならばーーおよそこの世で最も真実らしくないものをーー』
放火の直後に流れたこの文章を見たときにゾッとした。こいつほんとに害虫になっちまったと。肝が据わってるんだかなんなんだか知らないけど、もう最後のシーンの彼女の目は腹をくくった一人の女のものだった。
これほどまでに頭を抱える制服ものの映画はないかな、とりあえずあったかいお茶とタバコをそばに用意して部屋暗くして観ないとダメ。心が落ち着かないから。
Taiki_Moriの感想・評価
救いの無さ
kirakira_no_utaの感想・評価
害虫(2002)
わたし好きです。こういうの。宮崎あおいちゃんの可愛さ!ナンバーガールの曲もすごく味だしててよかった。風のように、疾走するように流れる音楽が少女のエスカレートしていく反抗と合わさってかっこよくなっていた。少女にふりかかるのは目に見えない暴力。学校でも家庭でも。
ciatrをフォロー: