羊たちの沈黙

羊たちの沈黙

作品情報

原題 The Silence of the Lambs
製作年 1991年
日本劇場公開日 1991年6月14日
製作国 アメリカ
上映時間 119分
ジャンル スリラー>サスペンス

あらすじ

女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリス。彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償に、彼女自身の過去を語らせる。息詰まる心理戦の果てに導き出された答えとは──?

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

nutellaの感想・評価
思っていたより、面白さはなかった。
mataro_minceの感想・評価
身体の皮を剥がされた女性の遺体が多数発見される連続殺人。FBIは捜査に収監中の猟奇犯罪者の利用を試みるも失敗。女という理由だけでダメ元で美人訓練生を投入。今までになく成果を上げるのだが「羊たちの沈黙」BS3。実際の事件を下敷きに作られているからこその説得力。猟奇に理由なぞない。2017年2月24日 劇場では未見のままテレビで数度観ているがおもしろい。実在の被害者の心情などそっちのけで実際の事件を脚色して作品に仕上げ、金に、名声に、自己満足に利用しているのにゲイ団体には遠慮したのかソフトフォーカスに仕上げているのが気に食わない。映画の限界なのかもしれない。
acornkorokoroの感想・評価
文庫本読了した後観ました。
ciatrをフォロー: