バトル・ロワイアルの感想・評価・ネタバレ

3.2
408
13

2000年12月16日公開 日本

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

m_saitoの感想・評価
当時一世を風靡したなぁ〜という懐かしさとともに視聴。
今見ると笑っちゃうんだけど、学生だった当時は本当にこんなことになったらどうしよう………!!!とか無駄に怯えてた気がしますw
theskinheadsの感想・評価
自分がまだ15歳に満たない時。確か小学生の時に、女の子が友達の女の子を殺した事件が起きて世間を騒がせた。その女の子は犯行の前にバトルロワイアルを観ていたという。そのニュースを観てからかなりの年数が経ち、長い遠回りの末にようやく観た。
もうその時には東映ヤクザも観ており、深作欣二の名前は真新しいものではなかった。
「君たちにはこれから殺し合いをしてもらいます」担任のビートたけしを皮切りに、各々、どんな武器が入ってるか分からないバッグを渡され、生き残りをかけた戦いの火蓋が切って落とされる。ちなみに主人公は鍋のフタだった。
今でこそショッキングな大衆映画というのは多いが、わからない、当時はかなり斬新だったのではないだろうか。自分は殺し合いが始まった瞬間からかなり衝撃を受けた。バカバカしい設定ではあるものの、生死をかけたサバイバルは緊迫感があった。
上手いなと思ったのは主要キャラクターの性格である。リアル。こういう人もクラスにはこれくらいいるだろうという塩梅がかなり上手かった。例えば、クラスで1人は絵が上手い人がいるだとか、クラスで1人は授業中に騒ぐ奴がいると注意する人がいるだとか、そういうあるあるネタがよくあるがその分配がかなりリアル。
そして、メタなんだけど観客に媚びてない、その塩梅も上手かった。
劇中に死んだ生徒が出るたびに◯◯死亡という文字が出てくる。そして、時より画面に流れるキャラ...
PHICHANの感想・評価
死に感情移入出来ない。
(退会ユーザ)の感想・評価
懐かしい映画
chaso1203の感想・評価
DVDで。塚本高史がすきだなあ。
R1067556の感想・評価
たけし必要ないよねw
namizumishiの感想・評価
こういうジャンルは本当にダメなのになぜか観てた。藤原竜也は未だこの映画の印象。
Ayano_Jinnouchiの感想・評価
レクイエム 怒りの日からスタートする冒頭が最高。どんな残虐な物語がこれから始まるのかと不思議と興奮してきちゃいます。マッドマックスの劇中でもこの曲使われていましたね。似たような系統で最近だと神様の言うとおりとかがあったけど、キャストの演技力がバトルロワイヤルの方が断然良かったなと感じました。
それにしてもキャストが豪華!藤原竜也の個性的な演技はこのころから顕在だったんですね(笑)!
halu1211の感想・評価
記録用
akuyaku12の感想・評価
原作・漫画版どっちも未読で視聴、視聴後にウィキペディアとか見てキャラクターの背景とか把握してやっと納得という感じ。この手の作品を2時間で収めるのは難しいよなあ。
映画版は映画版でうまく収集つけたかもしれないけど続編あるって聞いて…別に続編作るほどのことでもなくない…………
Daiki_Kinoshitaの感想・評価
監督 深作欣二
脚本 深作健太
原作 高見広春

2000年公開


何度も観た名作。
気狂いした内容だが根本には社会性のようなものがあるのはわかるが、自分にはそれが何なのか答えが出せなかった。

設定としては面白いが、やはりこの尺では圧倒的に収まっていないし、一人ひとりのキャラが際立つ前に死んでしまっている。
トントン拍子で進み過ぎてしまう感じがもったいなかった。
しかし、死んでいく生徒たちの心境を、
文字で見せちゃう辺りが独特の重い雰囲気を出していた。
Hiromi_Nakashimaの感想・評価
ハラハラ(*-ω-)ドキドキ
nekonokoの感想・評価
選ばれて殺しあい
最後ビートたけしでてくる
matzsaraの感想・評価
公開当時かなり問題になった覚えがある。年齢制限を掻い潜って見に行った同級生がいるのいないのと教室で噂になったりしてた。
しばらくたってから見たけど、導入部が衝撃的だった。やけに明るいお姉さんがバトロワのルール説明するのがすごく怖かったな。あと柴咲コウさんを初めて知って、鎌が似合いすぎだろってびびった。
たぶん今の年齢になって見たら初見の頃よりいやぁーな気持ちになる気がする。ディストピアをテーマにした映画。バイオレンス
ayutakaの感想・評価
当時は凄い問題になった作品だよね!

話は漫画の方が好みかも・・・

キャストが豪華過ぎない?(笑)
waruitottoriの感想・評価
中身はどうでもいいがハラハラは異常。藤原竜也の芝居の原点がみられる。モラルなどくそくらえである。
Yukari__Nakaoの感想・評価
トラウマ映画
Asako_Kawaiの感想・評価
先駆者として、素晴らしい!
Yusuke__Satoの感想・評価
久しぶりにみました。小さい頃に見て以来だったので、ドキドキしてましたがこの年になると笑えてきますね笑 北野武のシュールな演技がたまりませんでした。笑 また主役の藤原竜也以外の俳優陣が今考えるとかなり豪華です!狂気最高
usausapyonの感想・評価
映像が古くて雰囲気が出ていた。
_Xiu_Xiuの感想・評価
好きな人に殺されたい。
mazakimmの感想・評価
不朽の名作
子供ではなく大人でもない15歳の中学生が極限に置かれた時に見せる行動には恐怖すら感じる。今まで観た映画で一番インパクトを受けた。
pleiades_ginの感想・評価
この映画をどうみるか、試されている気もする。

原作のイメージからは離れているけど、各役、藤原竜也さんはなかなかハマり役かもね。
Takuの感想・評価
初めて見ました。
R指定という言葉にビビってこの年まで見ずにきてしまいました。

今見ると演出的な古さがあります。その名の通り殺しあいまくる作品です。
きっと見方としては、その殺しあう感覚が気持ちいい、という楽しみ方ですかね?

僕はあまり楽しめなかったです。
が、ビートたけしと、娘が電話しているシーン。罵倒の仕方。これがリアルなら、むしろこっちのが怖いかもしれない。と思いました。
Chinatsu_Fukudaの感想・評価
ちょっとハマる。
1050Carnivalの感想・評価
映画に込めた深作さんの思いを知って「子供に悪影響だ」と騒ぐ大人達がチャンチャラおかしく思えた
shin777の感想・評価
原作に忠実にやって欲しかった…
Maako_Wakamatsuの感想・評価
Hirofumi_Nakajimaの感想・評価
悲壮感がリアルに伝わり、あまりにも衝撃的で印象的な映画。漫画よりも中学生らしく描写されている。
Akihito_Ashibaの感想・評価
ドキドキ感、グロさ。
人間って恐いなって想う。