管制塔

管制塔

作品情報

日本劇場公開日 2011年4月9日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

ohayou_nihonの感想・評価
Galileo Galileiが最初に書いた詞、「管制塔」をソラニンの三木監督が歌詞を元に北海道の稚内でオールロケ、映画化。

本当に胸が苦しくて、涙が止まらなかった。管制塔の歌詞、未来を歌った歌詞、これがそのまま映像化されていた。

稚内の雪景色。なんだか地元の雪を思い出して、懐かしくて苦しかった。
パラパラと落ちる雪がすごく綺麗に撮れてた。

その雪の中の、2人の役者の存在感、管制塔の前で話していたシーン、どれも青春でどことなく切なくて、2人だけの空間で、話の節々の言葉や2人の考え方が切なくも素敵で、薄いガラスのように儚くて綺麗だと感じた。
Shearerの感想・評価
この曲が好きで観た
北海道を舞台にした作品は
真っ白い雪が周りを囲み
2人だけの世界みたいで素敵
20140822
Mugiko_Shindeの感想・評価
北海道の、まっしろな雪。
管制塔はすてきな歌。
ciatrをフォロー: