ショー・ミー・ラヴ

ショー・ミー・ラヴ

作品情報

原題 Fucking Amal/Show Me Love
製作年 1998年
日本劇場公開日 2000年5月27日
製作国 スウェーデン
上映時間 89分

新着感想・ネタバレ

Ryosuke_Ohbaの感想・評価
本国スウェーデンでは、ほぼ同時期に公開された『タイタニック』を超える大ヒットとなった作品。同性愛を描いてはいますが、基本的にはしごく真っ当な青春映画です。

アグネスの部屋で、エリンがアグネスにキスをするシーンは、非常に象徴的。エリンが去った部屋にアグネスの母親がやって来ますが、アグネスの口のまわりは赤くなっています。アグネス自身には、自分の顔がどうなっているか見えておらず、母親はアグネスの顔を見て、何があったかはわかりませんが、何かがあったことはわかる。こういったシーンが、本作を青春映画たらしめているのです。

レズビアン映画というくくりで言うと、『アデル』以上『キャロル』未満という評価。『アデル』もいい作品でしたが、あれは長い。本作は約90分とコンパクトにまとまっている点に好感が持てます。

しかし、この作品が『タイタニック』を超えるなんて、スウェーデンは素敵な国ですね。
monoral_stereoの感想・評価
内容もさることながら音楽が素晴らしく良質なスウェディッシュバンドがざっくざっく掘れる
Rihoの感想・評価
スウェーデン、同性愛を描いた動画。そんなに悲劇的じゃなく、葛藤もあるけどポジティブに描かれてる。何も考えずに見て楽しめる映画だと思う。主演のレベッカ・リリエベリ、かわいい。水原希子ににてる。
ciatrをフォロー: