39 刑法第三十九条

39 刑法第三十九条

作品情報

新着感想・ネタバレ

Kenta_Kawamuraの感想・評価
堤真一の狂った演技は圧倒されます。
精神異常者ハ此ヲ罰セズ。
刑法という社会的問題に問いかけた映画。
mataro_minceの感想・評価
腹を裂かれた妊婦と刺殺された夫、猟奇殺人。遺留品から劇団員の男が逮捕され罪を認める。だが精神鑑定で異常を示し裁判を方向づける。そこに鑑定員が異議を投じる「39 刑法第三十九条」弱い動機に憎悪なき殺意。この映画に係る者が遺族の叫びがタイトルにナイフを突き立てる。鈴木京香が好演。2015年3月25日1999年に投げられた問題を受けて継ぐ優れた作品が後に続いてほしい。15年経過しても社会は変わっていない。そんでやっぱり岸部一徳が怪演。森田芳光はやっぱり目玉焼きがお好き。それも半熟が。
(退会ユーザ)の感想・評価
ciatrをフォロー: