鉄道員(ぽっぽや)

鉄道員(ぽっぽや)

作品情報

新着感想・ネタバレ

Keisuke__Aoyagiの感想・評価
高倉健の度を越えた聖人君子ぶりは時代の犠牲者を見ているようだ。広末さんや安藤さんといった美形でモテる顔が保守的な世間体の枠の中でいい子に扱われてるのもおかしい気がする。
sasami0929の感想・評価
やりすぎな北海道弁に、、泣ける〜!!
mataro_minceの感想・評価
豪雪の北海道。かつて賑わった炭鉱町の廃線間近の駅で定年を迎える駅長。人生の全てを駅舎で過ごしてきた記憶「鉄道員 ぽっぽや」塚口3。それは駅舎自身の記憶で最後に映した幻灯。映画人生で最も関わってきた人達で固めた布陣は高倉健の夢の中でもあるかのよう。上映中泣きっぱなしでありました。2015年2月19日
ciatrをフォロー: