ファイト・クラブの感想・評価・ネタバレ

4.0
727
104

Fight Club 1999年12月11日公開 アメリカ

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

shortpeacehorseの感想・評価
結論から言うとメチャメチャ楽しめる映画、数回観直した。初めて観た時から今に至るまで、この映画を忘れた事は無いってくらい激シブな作品なんだけども。

じゃあこの一点引かれた点数はどういうことかって話になると思う、端的に言うとそれはこの映画が映画好き達に好評価されてる理由の一つが少しイヤだから。

確かに今観ても変わらず面白いし当然面白い映画を観るのは大好き、でも僕には映画鑑賞を趣味としている方々がこの映画を絶賛する理由にはどこか共感ができないのかもしれない。

詳しく言うと少し反感を買ってしまうかもしれないから深くは言わないけれども、そんなところ。

でも勿論今も昔も自分の中で物凄くアツい映画であることに変わりはないし、未来においても変わる事は無いと思う。
mmleonの感想・評価
まさに驚きの連発。
正直、途中でストーリー展開の速さについていけなかったこともありましたが、とても上手く人間の特性、そして現代社会の表裏を描いていると思います。
acornkorokoroの感想・評価
世界大戦もなく大恐慌もない。おれたちの戦争は魂の戦い。毎日の生活が大恐慌だ。
umishi_の感想・評価
最高にイカレれてて最高だった
PHICHANの感想・評価
デビッドフィンチャー、好きだな。
Tanaka_Hirofumiの感想・評価
クールですね。人間の可能性っていうのはしょうもなく使おうと思えばかなりしょうもなく使えるし、結局しょうもないっていう物差し自体、絶対の基準ではないから、突破できる人にとっては、常識なんてなんの価値もない。私は突破できない部類の人ですが、限りある人生をどのように生きるかには自覚的でありたいと思いました。
見ながら星新一の陰謀団ミダスとか、中村文則の木崎とかを連想しました
そしてやっぱりすごいなエドワードノートン。


ShogoNaramotoの感想・評価
本当にほんとうに素晴らしい最高の作品です。原作を買ったくらい、私のまじで一番好きな映画ですが、1つ目と2つ目のルールに基づいて、この映画に対する一切のコメントを我慢したいと思います。

The first rule of Fight Club is: You do not talk about Fight Club.
The second rule of Fight Club is: You do not talk about Fight Club.
sk8eric21の感想・評価
「ルールその1、ファイトクラブについて話すな」って言いたくなる
kxmouの感想・評価
スタオベ
fumiの感想・評価
「ピエロがおまえを嘲笑う」でポスターやオマージュやらの皆の感想に「ファイト・クラブ」を観ました。何故か今まで未観。
いや、もう最高!エドワード・ノートン×ブラッド・ピット。
ワールドウォーZを始め、最近名ばかり映画出演のブラピ。この時の男臭さがもうあふれ出過ぎて良いです。ノートンはあの目の下のクマだけで許せます 苦笑。
暗くなりがちな◯◯◯◯の話が、早朝から観てもスカッとするから不思議。ユーモアにあふれてフフッと笑えるところ、もう素敵すぎでしょ!最後の差込画像には 笑。
Shinya_Agoの感想・評価
記録用
monoral_stereoの感想・評価
なんで先にWHO AM I 観ちゃったんだろうな。
mcuarnoldの感想・評価
この映画でエドワード・ノートンが好きになった。
ブラピももちろん良いし、ヘレナ・ボナム・カーターも良い。
MERCの感想・評価
もうエドワード・ノートンを知らなかった頃には戻れないと思いました。
こんなかっこいい俳優がこの世にいるって知らなかったことの後悔と知ってしまった罪悪感すらある。
そしてこの映画観てしまったこともそれに当てはまるくらい、わたしにとって超絶ショッキングな作品だった………
エンドロールのピクシーズでなぜか色んな感情がこみあげてきた。
こんな映画観たら、もうどれも最高なんて言えなくなりそうだ………
だから今言っとこう これは最高の一本だよ
(退会ユーザ)の感想・評価
2015.10.24 DVD
途中で気づいてしまった…
ラストシーンの演出にはほっこり
halu1211の感想・評価
記録用
Yoshitakaの感想・評価
話題作なのでレビューする意味ないけど、1回見て結末を知ってから、色々合致する所があるので2回目からも楽しめる映画です。
yamamo26の感想・評価
ブラピカッコいい。
Tetsuya__Tanoueの感想・評価
しばらくモヤモヤが収まらなかった
yuji_liの感想・評価
クレイジーな映画。
大どんでん返し!
ラストシーンはなんか良かったなー。
kentaの感想・評価
宗教の考えが染み付いているアメリカだからこそ生まれる発想だと思った
見る前はただのアクション映画だと思っていたが、世の中をいかに斜めに見るかが大切な感性だと気づかせてくれる
英語の勉強もかねて7回見た
southpumpkinの感想・評価
映画鑑賞にハマったきっかけとなった映画のうちの一本です。デヴィット・フィンチャー監督作品の中では最も好きな部類に入ります。本作、『セブン』『ゴーン・ガール』の順。
気の合う男とファイト・クラブなるクラブを作ったお疲れ気味の男の話。デヴィット・フィンチャー監督作品の中では2015年時点で最もアップテンポで最もコメディ寄りな作品であると思いますが、そのこだわりはデヴィット・フィンチャーそのもの。この映画が良くどんでん返しモノとして紹介されますが、見どころがそこではないことはどんでん返しがラストに来ないことが充分に裏付けています。アイデンティティの喪失を見事に皮肉った壮大で重厚なコメディという位置づけがピッタリです。「映画鑑賞を趣味にしたいんだけど…」という枕詞をつけて、おすすめの映画を尋ねられたらニヤニヤしながら本作をおすすめします。
ピンクを毛嫌いするデヴィット・フィンチャーが本作のキーアイテムとしてピンク色の石鹸を出したことに大きな意味があると思うのです。その真意を考えているだけでゾクゾクとしてきませんか。
imel0108の感想・評価
中盤でオチが予想できたのだけど、なんかそれだと寂しくて、どうか違ってて!なんて思いつつ、当たってしまいました。このオチの形の起源なのだろうか。日本では、ルームメイトもこれに倣ってる。17歳のカルテでアンジーの魅力に目覚めた同様、ブラピの魅力にはこの作品で目覚めました。動作、セリフ一つ一つがいちいちかっこいいのに、抜け感と気張らない自然さが出てるのは演技力の高さゆえ。
potunenの感想・評価
なぜ今迄見なかったのか悔やまれる。マッチョ映画だと思ってたらマッチョに対するアイロニー映画だったとは。
Hironori_Hashizumeの感想・評価
えっ!そういう事だったの。ってなる作品。
人によってラストの捉え方は違うかも。

自分だったらファイトクラブに入会しないと思うけど、深層心理の中ではくすぶってるかもな。
ririri511の感想・評価
あまり世界観に入り込めなかった・・・。
子供の頃、金曜ロードショーで微かに観た記憶があるけど、昔はゴールデンで普通にこの手の映画が放送されていたと思うと時代の流れを感じます(笑)
taichimachimaの感想・評価
最高にかっこいいOPと最高にかっこいい2人の俳優と石鹸の映画。エドワード・ノートンを初めて知った映画でもあります。(個人的にはハルクのエドワード・ノートンも好きなんですがw)
しかしやっぱり目がいくのはブラピ。この頃のブラピが断トツで1番好き!セリフ、肉体、ファッションなどなど全てがかっこいいが、個人的には煙草の吸い方がもうたまらない。フィンチャー・ブラピのコンビをもう一度観たいと思っているのは自分だけではないはず。
maromarocompanyの感想・評価
私の大好きな作品!デヴィッド・フィンチャーとブラット・ピットがコラボしている映画はとても面白くて、ファイトクラブもその中の一つです。最初から最後まで飽きることなく楽しめます。また、この頃のブラピは一番かっこいいと思います。おすすめです!
Kobayashi_Shokiの感想・評価
ラストの30分にやられます。まさかの展開。前情報無しで見て正解。
Pit7775Pitの感想・評価
普通に観たらおかしいと思うがどこか筋が通っている。新しい自分、憧れの人を作り上げる。男の男の殴り合いは音によりリアルが増した