ロリータ

ロリータ

作品情報

原題 Lolita
日本劇場公開日 1961年11月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
とある男が幼い少女を大好きになってしまう。『博士の異常な愛情』以降のキューブリック節がガチガチになる以前の映画、名を上げることになった『スパルタカス』(未鑑賞)直後の映画です。
男に好意を寄せる同じ年齢の女の娘を好きになる、という可笑しみはコメディ映画の雰囲気があります。脚本も面白い。好意を寄せる女が家を飛び出して…、の展開や、ラストのヒッチコックばりの展開も良いです。ただラストの展開をするのであれば、あのオープニングシーンはない方がいいと思います。最初に黒幕を示すことになんの意味もない気がします。
キューブリックっぽさがありません。僕がまだ後期の作品しか観ていないのであれですが、シンメトリーな画面構成はありません。キューブリック作品といえば、大規模で大掛かりというイメージもありましたが、本作はそんなこともない。ただロリータ役の女の子の魅力に支えられているような映画です。
mzhstrの感想・評価
maronjr776の感想・評価
目がまわって気持ち悪くなった。
スタンリーキューブリックはどうも合わない
ciatrをフォロー: