ガタカ

ガタカ

作品情報

原題 Gattaca
製作年 1997年
日本劇場公開日 1998年5月2日
製作国 アメリカ
上映時間 106分
ジャンル SF・ファンタジー>SF>近未来

あらすじ

DNA繰作による優秀な遺伝子を持った“適正者”によって、自然な出産で生まれた人間が“不適正者”として支配される近未来。不適正者として生まれたビンセントは宇宙飛行士を夢見ていたが、それは不適正者ではかなわぬ夢だった。しかし、彼は自分の運命を変えるためDNAブローカ一の紹介でジェロームという青年の適正者IDを買い取る。ジェロームになりすまして宇宙局ガタカの局員となったビンセントはついにタイタン探査船の航海士に選ばれる。だが出発間近に上司が何者かに殺された事件でビンセントの髪の毛が発見された事から、正体発覚の窮地に立たされる。ビンセントの素性に疑いを抱く女性局員アイリーン。更にエリート捜査官となった弟のアントンの介入で、彼はますます窮地に追い込まれる。

新着感想・ネタバレ

okdkstmpの感想・評価
1997年作。驚かせるような映像も編集も無いのに、途中からラストまで緊張感が止まらない。展開を読ませない演出。そして差別、夢、逆境、家族などなど色んな要素が詰まっている。よく出来た脚本に演出にキャスト諸々が合致した秀作かと思います。
にしても、イーサン・ホークという役者は病んだ役というか気の触れた役をやったらピカイチだと思ってたけど、20年前に既にそれは確立されていたのだな、と。
hoanchan2の感想・評価
彼らの生き方に美学を感じた。
ciatrをフォロー: