ガタカの感想・評価・ネタバレ

4.0
474
80

Gattaca 1998年5月2日公開 アメリカ

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

myaniaの感想・評価
頭脳はあるのに、、
最後は2人ともどんな想いだったのかな
okdkstmpの感想・評価
1997年作。驚かせるような映像も編集も無いのに、途中からラストまで緊張感が止まらない。展開を読ませない演出。そして差別、夢、逆境、家族などなど色んな要素が詰まっている。よく出来た脚本に演出にキャスト諸々が合致した秀作かと思います。
にしても、イーサン・ホークという役者は病んだ役というか気の触れた役をやったらピカイチだと思ってたけど、20年前に既にそれは確立されていたのだな、と。
hoanchan2の感想・評価
彼らの生き方に美学を感じた。
Shinya_Agoの感想・評価
大学時代 友達の家で毎週、鑑賞会をした。
その中で最高傑作に出会った。

どれだけ頑張ったって、超えられない壁はあるんだ。その事実に果敢に立ち向かう男の話。

「神の御業を見よ。神が曲げたものを誰が直しえようか。」 うーむ。


Waonの感想・評価
[38作目]
ayamilkyの感想・評価
後で書きます。
edinburghtttの感想・評価
すべて遺伝子で判別される近未来の話。生まれてくる子供の性別が選べて、生まれてすぐに将来かかり得る病気がわかって推定寿命がでて…そんな未来すぐきそう。面白い映画だった。最後のシーンinvalid →validに変える研究者の笑顔と『右利きは左手で物を持たない』っていうセリフ素敵。『地球には居場所がないと思ってたのに去るのが辛かった。』ってのも印象的。
Asako_Kawaiの感想・評価
バレないで!!と心から祈ってしまった…
最後、切なすぎる。。
amaisucreの感想・評価
とてもいい
Satoshi_Mogiの感想・評価
大好きな映画
独特な色彩で冷たく暗い雰囲気
遺伝子操作で生まれた子は優秀とされ、sexで生まれた子はゴミのような扱いをされる世界
Fumihiro_Yamanouchiの感想・評価
ジュードロウ、イーサンホーク、ウマサーマン、かっこ良すぎ。セットは007かスターウオーズ。でも怖い話。
maruの感想・評価
同じ監督の作品「TIME」と似た近未来な世界観

ゆっくりと時が流れ、見ていて心地よかった。

兄弟や恋人との関係、
ジュード・ロウ演じるジェロームとの絆が美しく描かれており、ラストはジーンときた。

The wind caught it.
はお洒落だった。
R1067556の感想・評価
ガタカの意味をご存知だろうか?DNAの塩基配列なのだ。このタイトルだけでも素晴らしいセンス。内容もすばらしい。近未来SFの最高傑作。ぜひ見て欲しい。 #映画R
tossy0329の感想・評価
近い未来にはこんな新しい差別が生まれるのかな。ってけっこう前の映画やけど。そんな設定だけど、運命は環境によらず結局は自分次第ということかな。
nanam1xxの感想・評価
設定はSFですが完全なるヒューマンストーリー。上がったり下がったりもせず淡々としたストーリーを見届けました。もう一回じっくりと見てみてもいいかも。
halu1211の感想・評価
記録用
gonbe73の感想・評価
2015/10/15
ぞわぞわした。わりと今の時代とリンクしてる。イーサンホークかっこいい。
amemiyas2の感想・評価
出生前の遺伝子操作が可能になったことにより、生まれたときから優秀な遺伝子を持つ「適正者」と、欠陥のある遺伝子を持ちうる自然出産によって産まれた「不適正者」が混在する近未来の地球が舞台。
この二者間には厳格な社会的差別があって、不適正者には暗黙の了解で様々な制限が与えられている。
適正者のみなることが許される宇宙飛行士の夢を諦められない不適正者のヴィンセントは、ある方法によって適正者を偽って暮らしているが、自らが属するガタカ(宇宙局)で発生した事件をきっかけに正体発覚の危機に迫られる。。。

わかりやすく感動したわけでもないし、納得できたわけでもない。
最後までその一部始終をただ淡々と見届けた。何かが心にひっかかる。
実に近未来的な現実感のある作品だった。

個人的に、ジュード・ロウはSF作品になるとその存在感が2割増す気がする。
ユマ・サーマンのガタカでの冷酷な眼差し、たまりませんね。
shoko310の感想・評価
設定はSFだけど、ヒューマンストーリー。人間の描き方が素晴らしくて、引き込まれる。ラストは見物。
Namimatsu_Ayuの感想・評価
人の運命や可能性は産まれた時いや産まれるまえから決まってる
そんな時代に産まれた主人公が努力と知恵でのし上がっていく。

人には無限の可能性があるんだ!!
要はその人の生き方が大事なのよ!!
mizukiiの感想・評価
ドキドキしながら、引き込まれながら、あっという間の2時間弱。好きな映画にあげる人が多いのもわかる。

SF映画なんだけど、どこかリアルで、今と近からず遠からずのような。
でもほんとにこんな世界になったらどうなっちゃうんだろう、って科学の進化がもたらす変化が怖くもなる。何は奪われ、何は奪われず、何が残るんだろう。

最後のシーンが衝撃的で悲しいけど、お医者さんとのやり取りはちょっとじーんとしたりもして。

時間がたって見たらまた違うことに気付けそうな気がするー。また見たい!
utakatafishの感想・評価
ラストが衝撃すぎて涙すら出なかった、あのシーンは一生忘れないと思う

設定が面白すぎる
道行く車をぬってあるくシーン、あんな面白い世界わたしの頭の中50,000回洗濯しても思いつかない
世の中顔じゃなくて遺伝子!血こそ全て!

おしゃれで静かな映画だけど、時折グッッ!!!!!と熱い部分もあって素晴らしい

ririri511の感想・評価
遺伝子で階級が決まる近未来の舞台設定、SF的な要素は少なめで生まれながらにハンデを持った主人公が身分を偽り憧れの宇宙飛行士になるために隠れた努力を重ねていく姿がカッコよかった。
人種差別の根強い現代も理不尽だけれど遺伝子そのもので否定されてしまう世界も理不尽…。
kanavnthの感想・評価
遺伝子操作によって生まれる前から選別されてしまう世界。見応えあっておもしろいです!
bleach_oonoの感想・評価
友達の勧めで鑑賞。

ハンデを持ちながらそれを隠してまでも夢を叶えようとする青年。
それとは逆に、怪我をして夢を諦めてしまい、青年の手助けをする青年。
二人の姿を見て、考えさせられるものがありました。
古いながらも良き映画でした。
Manamaiの感想・評価
アンドリューニコル

イーサンホーク
ユマサーマン
ジュードロウ
eru3の感想・評価
TV:2015.08.23

適正者でないと宇宙にいけないが、不適正者の主人公は努力と適正者の遺伝子をかりながら宇宙へ行くまでの話。
主人公が不適正者の遺伝子だといつバレそうになるかが見ていて心配だった。
人の人生は最初から決まっている遺伝子よりも自分の強い気持ちと努力で未来をいくらでも変えていける。
taichimachimaの感想・評価
雰囲気系SF映画かと思って観ましたが、とんでもないです。非常に秀逸かつ、時間も長すぎず登場人物も多すぎず見やすい映画でした。
人類に優劣がつけられた近未来という最早使い古された設定なんですが、この設定が登場人物の心情にホントうまいこと反映されてるんです。レンタルビデオ屋さんのジャンル分けでいうと、「SF」と「ドラマ」の中間に位置するような映画でした。各ネーミングにも工夫が凝らされているので、そこらへん意識して観るとより楽しめるかもしれません。「Gattaca」はなるほどな、と思いました(笑)
S117_JONの感想・評価
人間の可能性に挑戦する姿を描いた素晴らしい作品。