トゥルーマン・ショー

トゥルーマン・ショー

作品情報

新着感想・ネタバレ

Erika0921の感想・評価
いい、最高!!
tremolo779の感想・評価
生まれた瞬間から人生を全てライブ放送されてきたトゥルーマンが、その事に気付いてなんとか作られた“日常”から抜け出そうとするお話。
トンデモな設定で突っ込みどころは色々あるんだけど、見てるとなんだか応援したくなってくる。
多分観客として見てる人達も同じような気持ちだったのかな、と。
ラストシーンの後、トゥルーマンは彼女に会えたのか
人生を赤裸々に放送されていた彼が、今後彼のことを全て知っている人達のなかでどう生きていくのか
考えさせられるし、色々想像させるエンディングだった。
ラストで大袈裟なお辞儀をして扉の向こうに消えていくシーンが凄く印象に残っている。
shortpeacehorseの感想・評価
突然この映画を記憶辿りつつレビュー

初めて観た時の衝撃と興奮たるや半端じゃなかった、たっぷり余韻に浸りまくったよ。どこかしらで軽ーくあらすじを見れば分かるとおり「人生全てがテレビ番組として記録され続けている男」トゥルーマンのお話。
ストーリー面での色んな評価点はとりあえず置いておく。

この映画を観て影響を受けた人間は数多くいるだろうと思う。
かくいう自分もその一人、そりゃこの映画によってある種のパラノイア的妄想思考に拍車がかかった人も多数いるだろうけどもっと別のとこで。
シーヘブン?だっけ?あの世界に住まう人間は全員トゥルーマンの人生を創り上げる役者たち。この斬新さ、或いはやるせない恐怖を本筋として組み立てられた映画なんだけど、ある意味世の中もそうなんじゃないかなって当時は思ったんだな。
ここで少し厨二病時代の妄想を挟ませてほしい。
そりゃ貴方も私も四六時中監視カメラにすっぱ抜かれてたりはしない、ましてや周りの人間たちは金で雇われたエキストラなんかじゃない。
でも他人の人生から見ると自分はこの映画における役者たちとあまり変わらないんじゃないかな、誰でも他人から〇〇な人って期待されたり烙印を押されたりするのは間違いない。
【気さくな人】、【友達思いの人】、【天真爛漫な人】、【破天荒な人】、【自分とはさして仲良くない人】、【映画好き】、【自分がない】、【掴めない人】
コレは言っ...
ciatrをフォロー: