イリュージョニスト

イリュージョニスト

作品情報

原題 L'Illusionniste
製作年 2010年
日本劇場公開日 2011年3月26日
製作国 イギリス・フランス
上映時間 80分
ジャンル アニメ

あらすじ

1950年代、パリ、そしてエジンバラ― 客を失った老手品師が出会ったのは、彼の“魔法"を信じる ひとりの少女だった。 手品師は、彼女に生き別れた娘の面影を探した。 ロックやTVが世界を席捲し、時代が激変しつつある1950年代のパリ。 時代遅れのマジックを披露する老手品師タチシェフは、かつての人気をすっかり失い、場末のバーでドサまわりの日々。ある日スコットランドの離島に流れ着いた彼は、やっと電気が開通したばかりの片田舎のバーで、貧しい少女アリスと出会う。手品師のことを何でも願いを叶えてくれる“魔法使い"と信じ、島を離れるタチシェフを追うアリス。そして、彼女に生き別れた娘の面影を探すタチシェフ。 やがて2人は言葉が通じないながらも、エジンバラの片隅で一緒に暮らし始めるが……。

新着感想・ネタバレ

haru3の感想・評価
見るタイミング完全にミスりました。ちょっとでも落ち込んだ気分のときにみたらもう、ズーン………ってなる。セリフほぼないから寝そうになるし、なんとか見終わってさぁ寝ようと思ったらいろいろ考えてしまって寝れなくなるし。

もう、最初らへんのどんなストーリーか分かってない段階から、すごい痛々しい雰囲気が出てて。タチシェフのお辞儀の仕方見るだけでグッとくるぐらい。ただの彼の個性のようなものなんかもやけど。アリスには悪気ないって分かっててもどうしてもいらいらしてしまいました。
タチシェフが残したメッセージも「これが最後の手品」っていうコピーも切なすぎ(T_T)

これたぶん秋の夜とかに見たら相当寂しくなるやつやろなぁ。嫌いじゃないけどもう見たくない……
tmmyonの感想・評価
静か、しっとりとした大人向けのアニメーション。
悪くはないけど、眠くない時に鑑賞することをおすすめします。(二回眠くなって途中で断念した)
mm738mmの感想・評価
セリフがほとんどなくて、ちょっとオシャレ☆
レオンのような淡い感じと、洒落っ気と、切なさと。
ワクワクするわけじゃないけど、すごく引き込まれてしまった☆
ciatrをフォロー: