いつか晴れた日に

いつか晴れた日に

作品情報

新着感想・ネタバレ

lessmoreの感想・評価
現在とは人の表現方法が異なっている部分多いと感じた。
時代感からすれば本作は正しいと思うのですが、現在ではあまりあかるさまに態度にあらわしたり、感情があらわになる人は少なく、陰険で姑息な行動が多いのではないだろうか
基本的に善悪の個人的な判断は昔も今も変わりがなく表現方法だけが変化しているに過ぎないと考えられる。

時代に関係なく本物を追い求めるのが人間の本来の姿である。

本物は手に入りにくい、いくつもの誘惑や障害に阻まれ、また守られていて辿りつくのが困難である。
本作品はそんな様子が少し描かれていたような気がした。
mizuhoの感想・評価
登場人物、一人一人が細かく丁寧に且つ、わかりやすく描けていて見事な作品。何が面白いかっていえばそんな人物描写。主役を一人と定めずに一人一人に強い個性があり、だけどハリウッド映画にありがちな「こんな奴いないよ」というタイプは一人もいない。どの人物も違和感なく受け入れられる。みんな違ってみんないい。。さらに俳優がそれぞれ適役。人物、背景、音楽、ストーリー、こんなにバランスの取れた非の打ち所のない作品はそうそう無いと思う。

時代背景や、基本ラブストーリーである所などから好き嫌いが別れると思うけど、思いやり、プライド、嫉妬、挫折、希望…時代や国が違っても人間は変わらないんだと、「人間っていいな」と呟きたくなる様な映画です。
Harumi_Terasakiの感想・評価
1996/7/12 サロンシネマ2
ciatrをフォロー: