バスケットボール・ダイアリーズ

バスケットボール・ダイアリーズ

作品情報

新着感想・ネタバレ

swsw413の感想・評価
溺れたレオ様に釘付け
theskinheadsの感想・評価
非行、それにだって国の違いが表れるもの。日本での場合は、やはり不良少年の行うそれだろう。しかし、この映画は実在するミュージシャンの自伝。麻薬に手を出し、抜け出せなくなり全てを失っていく若者の話だ。
退廃的と言う表現は合ってるのだろうか。乱れた生活によって堕ちていく経過を観ているのはかなり辛いものがあった。ディカプリオだからとか、バスケットボールダイアリーズというタイトルだからと安心してはいけない。悲しくはない、ただただ暗くて重いストーリー。悲しくないというのは大事なポイントである。同情的にさせず、重い話を作るのはあまり観たことはない。人が堕落していく様は本当はこんなものなんだろうと思う。誰も救ってくれないが、自己責任、誰も責めることはできない。これこそが一般的な堕落なのではないか。パチンコ、アルコール、そのようなモノに人生を狂わされていくというのは。救いようがないという言葉がしっくりくる。
ホモにチンコをしゃぶられる。辛い経験ではあるだろうが自業自得だ。ディカプリオはタイプじゃないが例えばニックフロストがお金欲しさに俺に抱かれるなら頑張って10万は出す
Paaaaandaの感想・評価
デカプリオの演技力の高さにビックリした作品。
ciatrをフォロー: