ゲッタウェイ(1972)

ゲッタウェイ(1972)

作品情報

原題 The Getaway
日本劇場公開日 1971年11月30日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
以前観たとき、マックイーンとアリ・マッグローがいちゃいちゃしてる印象しかなかったんだが、やっぱり痴話喧嘩ロードムービーだった。いや、紙包みのまま散弾銃ぶっ放すマックイーンはクールでカッコ良く、見た目が少女っぽいマッグローの狡猾な二面性もいい。ゴミ収集車から飛び出す2人と舞い散るゴミ屑のシーンは最高だ。同じように銃撃戦でハラハラ舞う紙片など、ペキンパーのアクション美学を感じられる。カーチェイスの半分くらいはマッグローがハンドル握ってるのも良かった(方やマックイーンは銃で応戦、この阿吽の呼吸)。
ところが、平行して進む追っ手側の人質夫婦があんまりすぎる扱いだったり、銀行強盗の意味ない爆破とか大味な部分と、やたら食べたり着替えたり几帳面な拘りがヘン。やることに隙がありすぎて、冷静に観たら色々カッコ悪いんだよ。
でも、ラブストーリーなんだよね。何だかんだいって、最後は呆気なくハネムーンだし。
mataro_minceの感想・評価
実刑喰らってぐったりのヤサ男。泣きつかれた女房は必死の色仕掛け。出所の駆引で再度銀行に挑むがツイてない奴は何してもアレで国境の田舎町が大騒ぎに「ゲッタウェイ」西宮6。ダメな男女の逃避行。サムペキンパーマイルド。二人の恋模様に音楽が冴え渡る。なんやお前ら。クズやけど大好きだよ。2016年9月1日 つまらない強盗が、男の言いなり見た目だけの女のストーリーが。アリマックグロウの魅力爆発直前。
domax1211の感想・評価
楽天地シネマズ錦糸町@'16.08.28
ciatrをフォロー: