コリーナ、コリーナ

コリーナ、コリーナ

作品情報

原題 Corrina, Corrina
日本劇場公開日 1994年12月17日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

igagurichanの感想・評価
1950年代のアメリカ。大学出なのに人種差別により職がないウーピーは家政婦の仕事をしていました。CM作曲家のレイ・リオッタの家政婦となり、母を亡くしたショックで喋れなくなり自身の殻に閉じこもってしまった娘の心開いていきます…。

家政婦役のコリーナ(ウーピー)が持ち前の明るく優しい性格で心に傷を負った親子を癒やしていきます。
娘役のティナ・マジョリーノがすんごく可愛い!
親子愛と人種差別をテーマにしているのですが、ラストはハッピーエンド。それからの家族の行く末が気になる所です。
ジャズなど全編に流れる音楽も小粋でgood!
tategotoの感想・評価
2004.9月以前に鑑賞
ciatrをフォロー: