毎日が夏休み

毎日が夏休み

作品情報

日本劇場公開日 1994年6月11日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

1231netabareの感想・評価
TV

日常ものっぽい非日常ものです。
当時の年代感満載の作りになっており、内容はどこかおとぎ話のように現実から解離しているような印象を受けました。
そして、お義父さんのKYっぷりが凄い。人とずれているお義父さんですが、物語が進むにつれお義父さんがKYに振る舞っていた理由も明らかになります。裏側を知るとお義父さんの人間らしい一面が見えてくる不思議な映画でした。
家族が崩壊してもおかしくないところから家族が家族としてひとつになるというお話。
s_p_n_minacoの感想・評価
多分、大島弓子の漫画(これは読んでないけど)を忠実になぞっただけ、というか画面も役者も漫画すぎてトホホ。如何にも80年代らしいし、今観ると恥ずかしいばかり。佐伯日菜子ちゃんのルックスは完璧なのに。
ciatrをフォロー: