ダメージ

ダメージ

作品情報

原題 Damage
日本劇場公開日 1993年4月10日
製作国 イギリス フランス

新着感想・ネタバレ

igagurichanの感想・評価
ルイ・マル監督作品。
魔性の女をジュリエット・ビノシュが演じています。彼女に魅了された男にジェレミー・アイアンズ。転落していく様が見事に「ダメージ」です。正直そこまで魅力的な女性に見えないのですが、ラスト近く彼女の二面性を見せることで女性の恐ろしさを描いています。
禁じられた不倫のなれの果て。悲劇。「そうなって当たり前」と思う半面、ジェレミーの全て理解した上での純粋さが物悲しくとても印象的です。
tategotoの感想・評価
2004.9月以前に鑑賞
Ken_Changの感想・評価
彼女が自分の親父とデキてます

仕方ないじゃない、好きになっちゃったんだもん
ciatrをフォロー: