ロボコップ3の感想・評価・ネタバレ

2.7
43
0

ROBOCOP 3 アメリカ

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

Shinya_Agoの感想・評価
記録用
southpumpkinの感想・評価
とうとう空を飛んで無双し始め、さらには製造元の大企業を叩きつぶしてしまうロボコップのつまらない映画。人間とロボットとの間で揺れ動く心、みたいな繊細な描写は皆無に近く、安直な大衆映画となっています。
劇中で明らかに「ブラック・レイン」の松田優作を彷彿とさせる日本製ロボットが登場しました。本作の公開が1993年で「ブラック・レイン」が1989年の公開なのでパクリとみて間違いないでしょう。更に言えば小さい子どもが大活躍するのですが、これも1990年公開の「ホーム・アローン」のパクリですね。人気シリーズの名前を借りて人気映画のキャラクターをパクった、清々しいほどつまらない大人が考えた映画だと言えます。
KWSKstepの感想・評価
ついに開発元に反旗を翻したロボコップ
ルイスがあっさり死に、日本製の忍者ロボもあっさり死亡
黒人の警官がかっこいいだけの話
Ken_Changの感想・評価
空飛んでる予告観た時点で駄作を確信→鑑賞→覆ることなく駄作