フック

フック

作品情報

新着感想・ネタバレ

Pit7775Pitの感想・評価
ピーターパンが大人になってしまった。
ネバーランドからもいなくなった。

記憶が交錯する中でエリート社会人として生きるピーターは家庭よりも仕事優先
ある日、フック船長に子供を誘拐されネバーランドに戻る記憶を無くしていた社会人ピーターはピーターパンだった。

スピルバーグらしい映画でした。
誰もが考える事をリアルに再現。キャスティングもいいと思いました。子供の中でもみんな良い子ではなく難しい年頃の子の起用や愛しい黒人の太った男の子など

何よりピーターパン演じたロビンが子供の中に混ざり何の違和感もなく演じ切っていたのがとてもほっこりした。

一つ気になったのが正直すぎて展開が早かった所です。しかしこれが逆にフック船長との闘いで汚い手もつかう相手に活かされたのではないだろうか。

素敵な映画です。
matzsaraの感想・評価
ピーターパンが大人になったら?もしピーターパンがネバーランドからいなくなったら?そんな純粋な動機を感じる映画。
タイトルはフックだけど、物語の主軸はロビン・ウィリアムズ扮するピーター。子供のまま歳をとらない筈のピーターだけど本作では現代社会にくらし仕事人間のパパになっている。
ネバーランドの記憶がごっそり抜けていて自分が何者だったかも忘れているピーター。息子たちを拐ったのは宿敵フック船長だと言われたところで世迷い言だときって捨てる。そんな調子のピーターにキレたのがティンカーベル(ジュリア・ロバーツとは驚いた)、強制連行でピーターをネバーランドへ。やっと理解が追い付いてくるピーターだけど、ピーターパンとしての記憶は戻らない。遊び心を忘れた現実主義な氏はまったく不甲斐ない有り様。あと十数センチ手を伸ばせば息子たちを助けられるのに、恐怖と臆病さのうちに早々に手を下ろす。それを目の当たりにした兄妹はひどく失望する。拐ったフックですら戦意を喪失する。しかたない、しょうがない。そんなピーターをピーターパンにする訓練の日々とフック船長との決着、親子の絆が描かれている。
とくに面白かったのが、フック船長がピーターの長男を懐柔するところ。長男のジャックは仕事ばかりで構ってくれない父にもともと不満をもっている。そこをつきジャックを自分側に引き入れてしまえばピーターパンは窮地に立たされるはずだ……と画策...
gonbe73の感想・評価
2015/12/20
父を嫌い母を愛するピーターパンが憎むべき父親になってしまうというアイディアがもうたまらない。そして息子に一度は憎まれてしまう。現実のピーターはフックと同化してると考えるとタイトルのフックも納得だよな。もちろんこのピーターパンはロビンウィリアムスにしかできない!子供心を一生持てる人なんてこの人以外考えられない!ただ殺陣がね(笑)ちょっと残念だった。大人vs子供だからしょうがないのかな。
ciatrをフォロー: