ダークマン

ダークマン

作品情報

原題 Darkman
日本劇場公開日 1991年3月21日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

Pit7775Pitの感想・評価
旧スパイダーマンシリーズのサムライミ監督ヒーロー映画。スパイダーマンを観ていた人はかなり楽しめれるはずです。
カット割りから編集方法、それに音楽も同じです。
今回は科学者の男が理不尽に顔を奪われ、科学のよって人工皮膚を作り、直接手は下さずに復讐していく。だがその顔は約90分しか持たない。短い時間でいかに効率よく行うか面白いです。そして何より彼の隠れ家が怖い。完全にダークマンの悪者同士が殺しあってしまう所など魅力的でした。
目がどアップが多く、目で伝わる。
シーンの変わり方も様々で面白かったです。
Waonの感想・評価
2016.05.04[44作目]
DVD 。確かに面白かったが、少し期待しすぎた。ちょっと『ダークナイト』を思い出した。
taichimachimaの感想・評価
サム・ライミ作品はスパイダーマンシリーズしか観たことなかったので本作はちょっと衝撃的でした。そりゃもう理不尽なまでのリンチを受けた主人公(なんとリーアム・ニーソン)が自ら開発した人工皮膚を用い、ダークマンとなって復讐しまくる私利私欲たっぷりのダークヒーロー映画です。
最新のCGに慣れてしまった目からすれば、チープ感は否めません。が、それを補う独特の空気感。そして敵サイドがこの年代の映画でよく出てくるヒャッハー!なやつらで、非常に懐かしく安定感がありました(笑)
ciatrをフォロー: