カジュアリティーズ

カジュアリティーズ

作品情報

新着感想・ネタバレ

ekurmovの感想・評価
ベトナム戦争を舞台に、最前線の兵士という明日死ぬかもわからない極限状態において、人として何をすべきか、何が正しいのかを問う実話に基づく戦争ドラマ
実話に基づくストーリーと釈然としないラストには現実問題の大きさや理不尽を感じさせます。なかなかの胸糞映画ですが非常におもしろい

平時であればあたりまえの判断も「自分の身を守るため」「部隊という閉鎖社会内で孤立しないため」そういった中に埋もれてできなくなってしまう様には、現在のいじめ問題にも通じるものを感じました

それからバック・トゥ・ザ・フューチャー以外のマイケル・J・フォックスははじめて観たのですが、新たな一面が見れたようで楽しめるのでおすすめです


最後に余談ですが、自分はAmazonプライムで視聴しましたが、3/16までらしいのでプライムで観る方はお早めに
TypeMageの感想・評価
ブライアン・デ・パルマのベトナム戦争映画。
southpumpkinの感想・評価
これはいい映画を観ました。戦争映画はあまり観ないのですが、これは戦争というアクションに重きを置いておらず、むしろ戦争という極限状態における人間的なドラマを描いた作品。
ベトナム戦争末期、とある隊が慰安目的で小さな村の若い女性を連れ去ります。それに対抗するのがマイケル・J・フォックスです。彼は戦争という状況下で女性に同情するわけですが、彼自身も人を撃ち殺す兵士の身。映画は戦争の悲惨さを描きつつ人間のエゴイズムにも触れます。従軍慰安婦問題で揺れるどこかの国に住んでいながら、問題のスケールに気づいていない方は観たら見識が広がるかと思います。あんなに大きな問題であり、あれ程度の問題なのですね。
胸糞の悪いエンディングも映画としては最高に面白かった。ショーン・ペンの嫌な男っぷりは見応えありますし、マイケル・J・フォックスのいい人さは半端じゃないです。バック・トゥー・ザ・フューチャーしか観たこと無い方は是非。
ciatrをフォロー: