ドゥ・ザ・ライト・シング

ドゥ・ザ・ライト・シング

作品情報

新着感想・ネタバレ

eigamirudesuの感想・評価

赤っぽい映像、音楽とかセンスが良い雰囲気!

後半につれ空気が変わりゆくストーリーも面白いです。

最近は議論が活発になってきていますが、日本に住んでるとアメリカほど馴染みない人種問題について考えるきっかけになる映画だと思います。
Taiki_Moriの感想・評価
ゲトーの乾いた熱気
okdkstmpの感想・評価
1989年作。スパイク・リーの作品はほとんど観てないが、一応これが代表作なんですかね。黒人の、それも底辺の方の生活や環境を映し出す、いわゆるブラック・ムービーなのだろうが、文化的な側面はほとんど描かれていない。彼らの日常を小さく切り取り、ただ一方的に黒人から見た“気に入らない世の中”を描いているように感じた。むしろ25年以上も黒人街でピザ屋を続けて来たイタリア人の立場はどうなんだろうと思った。逆差別的なのも感じたし、この結末はちょっと酷いなと。マルコムⅩとマーティン・ルーサー・キング・ジュニアを後ろ盾にしているが、演出はむしろ逆じゃん!みたいな。映画としてもメリハリが無く…というわけで、まったく入り込めなくてむしろ不快だったのだが、これがこの人の作風なんだろうな、と。日本人の俺には分からなくて当たり前なのかもしれない。なので、この映画に入り込めないもの当たり前なのかもしれない。
ciatrをフォロー: