2016年3月4日更新 9,425view

石原さとみの英語から彼氏まで8選にして紹介!

日本中を虜にする最強小悪魔系女子の石原さとみがやっぱり可愛い!12年ぶりの新作ゴジラ映画に出演する彼女が頑張って身に付けた英語力、『ディア・シスター』での衣装や進撃映画での神対応など、みんながメロメロになるその魅力をたっぷり堪能してみましょう。

1.石原さとみの芸能界入りのきっかけからデビューまでを紹介!

石原さとみ

出典: natalie.mu

1986年12月24日生まれ、東京都出身の28歳の女優です。身長は157cm。

全てが完璧な最強女子として男女から好かれる石原さとみが本格的に女優の道へ足を踏み入れることとなったきっかけは、深田恭子や綾瀬はるかを発掘したと言われるホリプロタレントスカウトキャラバンです。

2002年に開催された第27回大会において、応募者およそ32,000人の中からグランプリに選ばれました。受賞当時、彼女は16歳でした。

公式にデビューとされている映画作品『わたしのグランパ』(2003)では、菅原文太の孫娘役として出演しています。その後、数々の人気ドラマでヒロインを務め、男性だけではなく女性もノックアウトするほどの可愛さでファンは増える一方です。

2.石原さとみってどんな人?

かつて本名で映画に出演していた?

石原さとみ

石原さとみの本名は公式には非公開という状態ですが、本名が石神国子という名前であることはほぼ確実であると言われています。

その理由は、名前が明記された卒業アルバムの流出がひとつ。もうひとつは、実はホリプロタレントスカウトキャラバンのオーディションを受ける前からタレント養成所に所属し、本名である石神国子名義で映画に出演するなどの芸能活動をしていたという過去があります。

実はGLAYの大ファン!

石原さとみ

石原さとみは北海道出身の4人組ロックバンド・GLAYが昔から大好きで、初めて買ったCDや初めて買ったポストカード、さらに初めて行ったコンサートもGLAY。定期入れに4人の写真を入れて、それを眺めてニヤけながら学校へ通っていたとのことです。一番好きなメンバーはボーカルのTERU、大好きな曲は『ずっと2人で…』。

自身がモテ期だったという中学2年生の頃、当時流行っていたバラエティ番組『学校へ行こう!』の企画を真似した男子が、屋上から『ずっと2人で…』を大声で歌って告白されたこともあったそうです。

3.「世界で最も美しい顔100人」に3年連続でランクイン!

石原さとみ

毎年、TC Candlerという海外のユーザーが自身のサイトで独自に発表している「世界で最も美しい顔100人」というランキングがあります。世界中から絶世の美女たちがランキング入りする中、石原さとみは2013年に32位、2014年に25位、2015年に19位と3年連続で上位にランクインしました。

日本の女優では他に桐谷美玲(31位)、AKB48の島崎遥香(74位)、佐々木希(84位)などが2015年度のランキングに名を連ねています。

2015年、雑誌『美的』や10代のアンケートで「なりたい顔1位」に選ばれた石原さとみですが、世界でも美貌は評価されているようですね。

4.石原さとみが英語を勉強中!ドラマで英会話教師を演じる

石原さとみ

出典: twitter.com

2015年10月から放送された月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』では主演の英会話教師・桜庭潤子を演じました。山下智久演じるハイスペック僧侶・星川高嶺との恋愛が見どころのドラマですが、話題となったのは石原さとみと山下智久の英語力でした。

桜庭潤子と星川高嶺の会話や、英会話教室の中ではたくさんの英語が飛び交っています。リアル帰国子女である古川雄輝の英語もとても綺麗でカッコイイですね。

石原さとみと英語

『5時から9時まで』 石原さとみ

出典: twitter.com

石原さとみは学生時代は英語は得意ではなく苦手なほどだったそうですが、2008年に映画『JUNO/ジュノ』で来日したエレン・ペイジと英語で会話し、2011年にアメリカのニューヨークへ1ヵ月、英語を学ぶために短期留学しました。

石原さとみ エレン・ペイジ

2013年には、小栗旬と共演した2012年のドラマの特別編『リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク』でも英語を披露しています。

そして、2014年にはCMで見たことがある方も多いでしょう。英会話スクール・イーオンのCMに出演していました。役作りのためだけでなく、自ら進んで努力していることが伝わります。

英語が喋れる女優は貴重なので、今後の活動の幅を広げる手段になりそうですね。

5.石原さとみのディアシスターでの衣装が可愛いすぎ…

ディア・シスター

2014年10月から放送されたドラマ『ディア・シスター』で松下奈緒演じる深沢葉月の妹・深沢美咲役を演じました。恋愛に奔放で、だらしない生活をしている小悪魔キャラで、服装がカジュアルでカワイすぎる!ということで、問い合わせが殺到したという衣装をいくつかまとめて紹介します。

彼シャツ感の出る大きめのミリタリージャケットは同性ウケもバッチリ。
石原さとみ

迷彩カモフラジャケット

ディア・シスター

こんな格好で寄りかかられるとたまらないですね!

ディア・シスター

ディア・シスター

ジャケット×パーカー

ディア・シスター 石原さとみ

ディア・シスター 石原さとみ

お団子ヘアもかなり可愛いです。

g07_07

ハット×リュック

ディア・シスター 石原さとみ

浴衣

ディア・シスター 石原さとみ

浴衣だってもちろん可愛いです。赤文字系のファッションのイメージが強かった石原さとみがストリート系のファッションで深沢美咲を演じたことは、多くの人に良いギャップを与えたようです。

6.石原さとみの性格は?

石原さとみ

石原さとみの性格をイメージするとき、小悪魔でちょっとぶりっ子なキャラクターを想像する方が多いのではないでしょうか。

伊集院光や関係者の話によると優しいとのことですが、2015年8月に諫山創原作の大人気漫画『進撃の巨人』の実写映画でハンジ役として出演し、今までの小悪魔キャラとは全く違うキャラクターを演じました。

ハンジは冷静沈着・優れた観察力の持ち主として調査兵団の分隊長を務めています。今までの石原さとみからは想像できない配役となりました。

また、7月末に行われた試写会の後に辛口の批評が書かれてしまい、それについて樋口真嗣監督や制作スタッフがブチギレしてSNSが炎上する騒動があったのをご存じでしょうか。

実写化という言葉自体のハードルが元々高く、原作ファンからの高評価を得られるのは難しいのですが、辛口評価を受けたことについて石原さとみは自身の公式LINEにて、神対応と呼ばれるほど素晴らしい対応力を見せました。

「映画というものはその人の育った環境や情報、知識、体調や心のバランスなどで感想が変わってくる。だから、どんな意見や感想も間違いじゃないし正しいと思います。そして、監督やキャストをはじめとする制作チームは、面白い作品を作ろう、観てくれる人に楽しんでもらおうと頑張ってきた。映画のレビューを書いてもらうのはもちろん嬉しいけれども、まずは自分の目で身体で心で体感しに行ってもらえたらと思います!」

どれだけ酷評されても、制作している側は全員が全力を注いで創り上げてきたものです。高評価されたいという気持ちは当たり前なのですが、人それぞれ感想は違うということを改めて教えてくれたこの対応に、石原さとみの好感度がかなり上がりました。

進撃の巨人 石原さとみ

出典: natalie.mu

7.石原さとみの彼氏って誰?気になるプライベートもこっそり紹介

石原さとみ

これまでに、舞台で共演した佐藤健やドラマで共演した小栗旬、嵐の松本潤、EXILEの岩田剛典など、数々のイケメン俳優と共演し、濃厚なキスシーンなどが噂になり共演者キラーと呼ばれてきました。演技をする際、役に入り込んで相手役を本気で好きになるという傾向があるそうです。またこれまで好きになってきた人は、全員一目惚れだったそうで、彼女にとって“見た目”が重要であることがわかります。

そんな石原さとみですが、2014年、結婚を前提とした本命の交際相手がいるとの報道がされ、どうやら一般男性なのではないかということです。いきなり結婚報告があってもおかしくないと言われているほど、結婚の準備に力を入れているようです。

8.石原さとみの今後の予定は?

『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの生みの親である庵野秀明が脚本・総監督を務め、劇場版『進撃の巨人』の樋口真嗣監督が創り出す新しいゴジラ、『シン・ゴジラ』が2016年に公開が予定され、石原さとみや長谷川博己、竹野内豊の出演が決定しています。

ゴジラのオファーがきた時、「よっしゃーーーっ」と家で叫びました。しかし台本を読み愕然としました。庵野総監督、樋口監督にダメ出しされるなかで、悔しくて涙を流してしまうぐらい、今難しい役と向き合っています。

1954年に初めて上映されたゴジラシリーズの12年ぶりの新作ということで世界中から期待が高まっていますが、石原さとみは英語のセリフもあるそうです。勉強してきた英語を活かして海外からも高い評価を得られることを期待しています。

ドラマのヒロインというイメージが強い石原さとみですが、努力して得た英語力と演技力で今後、活躍の幅は広がっていきそうです!

この記事はこちらの特集に含まれています。

日本の美人女優・若手女優特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧