2016年2月5日更新 18,971view

スノークを徹底解説!新たなシスの秘密は?

シリーズ最新作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』は数多くの謎を残したまま幕を閉じました。中でも、ファーストオーダーの指導者スノークは特に謎のベールに包まれているキャラクターです。今回はスノークの真の正体を迫ります。

最高指導者スノーク真の正体とは!?

スノーク

出典: bgr.com

2015年12月18日公開『スター・ウォーズ フォースの覚醒』には、レイ、フィン、カイロ・レン、ポー・ダメロンなど新たな魅力的キャラクターがたくさん登場していますが、最も謎に包まれていたのが最高指導者スノークです。

アンディ・サーキスがモーション・キャプチャーで演じたスノークは、不気味で巨大なファースト・オーダー最高指導者という他に、詳しいことは映画で明らかになりませんでした。

今回はスノークの真の正体を予想してみました。

1.スノークはシスの暗黒卿(ダース・シディアス)!?

ダースシディアス

出典: www.mtv.com

まず、ファースト・オーダー最高指導者であるスノークがダークサイドであることは説明不要でしょう。

弟子の存在(カイロ・レン)、恐ろしい顔、ローブのような衣装、スノークの正体はシスの暗黒卿だという説が最も有力です。

2. スノークはムーン!?

スターウォーズ

出典: www.mtv.com

もう一つ有力な説がスノークはムーンだという説です。

ムーンは銀河系最大の金勇組織“インターギャラクティック銀行”を経営、『クローンの攻撃』『シスの復讐』『クローン・ウォーズ』などでジェダイを敵視していました。

見た目は長身、細身、色白、性格は利己的、冷静、自制心がある。後継者には容赦なく非道な試練を与えます。ムーンの特徴がスノークと、こわいくらいに一致しています。

3.スノークは小さい!?

ゴラム

出典: www.mtv.com

『フォースの覚醒』で登場したスノークは巨大な姿をしていましたが、それは虚像だという説があります。

実は、スノークは一般的なサイズのキャラクターで、ホログラムによって巨大に見せているキャラクター、もしくは、驚くほど小さなキャラクターなのかもしれません。

『ジェダイの帰還』ダース・ベイダーのマスクに隠されていた顔が、顔色の悪い年老いたおじさんだったように、スノークの真の正体は実際は小さなおじさんという可能性があります。

ヨーダもかつて、“サイズは関係ない”と主張していました。

4.スノークはダース・プレイガス!?

スノーク

出典: www.mtv.com

『シスの復讐』のアナキンによると、ダース・プレイガスは、パワフルで賢く、フォースとミディ=クロリアンで生命を作り出すことさえできるシスの暗黒卿でした。プレイガスは弟子だったダース・シディアス(パルパティーン)に裏切られ、殺害されたと言われています。

しかし、もし、ダース・プレイガスが死んでいなかったら?

ジェダイは霊体として現れることができます。スノークがシスの暗黒卿、ダース・プレイガスだとしたら、ヴォルデモートのように新たな身体を手に入れるタイミングを待っているのかもしれません。

5.スノークはエズラ・ブリッジャー!?

スターウォーズ

出典: www.mtv.com

スノークは『スター・ウォーズ 反乱者たち』のキャラクター、エズラ・ブリッジャーなのかもしれません。

エズラは両親を帝国に殺されたと思い、強い復讐心を持っているなど、ダークサイドに堕ちるポテンシャルがあるキャラクターです。

もしも、アニメシリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』と、最新3部作を無理やりリンクさせるとしたら、面白いプロットになりそうです。

しかし、この説の可能性を強める、確固たる証拠は多くありません。

6.スノークは尋問官!?

スターウォーズ

出典: www.mtv.com

スノークは『スター・ウォーズ 反乱者たち』のキャラクター尋問官なのかもしれません。

尋問官はジェダイ狩りを行っていたキャラクターです。見た目はグレイの肌、細身の長身など、明らかにエズラよりスノークに似ています。

アニメシリーズでは、爆発の中で死を遂げていましたが、もし生きていたとすれば、スノークのグチャグチャな顔は、その時に負った傷ということで説明がつきます。

また、本名が明らかになっていないことも、この説の可能性を高めています。

7.スノークはボバフェット!?

ボバフェット

出典: www.mtv.com

スノークはボバ・フェットなのかもしれません。

ボバ・フェットはサーラックの巣に呑み込まれて死亡したはずですが、もしも生きていたら、サーラックの強烈な酸の胃液のよって、顔が溶け、スノークのような姿になっていたのかもしれません。

しかし、今までスターウォーズで、ボバ・フェットがフォースに敏感な描写はありませんでした。

もしもスノークだとしたら、ボバ・フェットはジェダイ聖堂を去った後、フォースの覚醒を感じ、カイロ・レンをトレーニングしていたことになります。

単に、謎キャラクターが登場した時、まずボバ・フェットだと予想されるという、スターウォーズあるあるにすぎないでしょう。

8.スノークはルーク・スカイウォーカー!?

スターウォーズ

出典: www.mtv.com

これはごく最近浮上した、噂です。スノークはルーク・スカイウォーカーなのかもしれません。

プリクエルのパルパティーンのように、ルークは最新3部作で、表向きは正義のジェダイとして振る舞い、実はダークサイドの堕ちていたなど、裏の顔を隠し持ったキャラクター(スノーク)だという説があります。

マーク・ハミルは長年、”ルークがダークサイドに加わることになれば面白い”と明言していたことで知られます。

9.スノークはパルパティーン(ダース・シディアス)!?

パルパティーン議長

スノークがシスの暗黒卿だという説が最も有力ですが、それでは何のひねりもありません。もしも、シスの暗黒卿だとしたら、スノークはパルパティーン議長(ダース・シディアス)なのかもしれません。

スノークはラルフ・マッカリーが描いた初期のパルパティーンのコンセプトアートにそっくりです。

パルパティーン

出典: collider.com

ダース・シディアスは『ジェダイの帰還』で、ダース・ベイダーによってこの世から葬られたはずですが、それは偽装で、永遠の命を手に入れる方法を伝授されていたのかもしれません。

この記事はこちらの特集に含まれています。

スターウォーズ特集
参考URL
www.mtv.com
collider.com

PAGE TOP

カテゴリー一覧