2016年2月5日更新 16,760view

バズ・ライトイヤーの意外な設定や秘密・名言など9選!

1995年に公開されたディズニー・ピクサー映画『トイ・ストーリー』で、主人公のウッディの親友、バズ・ライトイヤー。東京ディズニーランドにはアトラクションもあるほどの人気キャラクター、バズ・ライトイヤーの意外な設定や秘密・名言など9選をご紹介します。

1.まずはバズ・ライトイヤーを紹介!

パズ・ドライヤー

1995年に公開された映画『トイ・ストーリー』の主人公ウッディの親友で通称はバズ。もう一人の主人公で、アンディのプレゼントに送られたおもちゃですが、自分を本物の宇宙防衛隊のスペースレンジャーだと勘違いしています。

2.トイ・ストーリーだけじゃない、バズ・ライトイヤーの出演作

トイストーリー ハワイアンバケーション

『トイ・ストーリー』はシリーズ化され、1~3まで公開されていますが、短編も制作されています。『トイ・ストーリー3』後の物語で『トイ・ストーリー トゥーン/ハワイアン・バケーション』は2011年『カーズ2』と同時上映されています。

『メリダとおそろしの森』の同時上映で、日本では2012年に公開された『トイ・ストーリー トゥーン/ニセものバズがやって来た』も短編作品です。

また2Dアニメですが2000年にTVシリーズ『スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー』の前日譚『スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー ~帝王ザーグを倒せ!~』の長編も制作されています。

3.『カーズ』や『ファインディング・ニモ』にも出演?

映画「ニモ」

遊び心が多いピクサー作品はキャラクターたちが他の作品に少しだけゲストとして映るカメオ出演がされています。
バズ・ライトイヤーは『カーズ』や『ファインディング・ニモ』にも出ています。

4.バズの名前の由来とモデルは?

エドウィン・オルドリン

バズ・ライトイヤーの名前の由来は歴史上の人物からつけられています。
アポロ11号の搭乗者で月面歩行した2人目が通称バズのエドウィン・オルドリンから取ったものです。

2008年にバズのアクションフィギュアがスペースシャトルディスカヴァリーで飛び立ち、国際宇宙ステーションに6ヶ月間滞在しました。

5.バズ・ライトイヤー、スペースバスターがおもしろそう!

『トイ・ストーリー』に出てくるキャラたちがおもちゃということで、バズ・ライトイヤーも色々な形で商品化されています。

『バズ・ライトイヤー、スペースバスター』は暗闇の壁に浮かび上がる宿命の敵ザーグを狙い撃つゲームで、本体のバズ・ライトイヤーから映し出される敵をシューターで倒すシューティングゲームです。

6.東京ディズニーランドのアトラクションも大人気!

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

バズ・ライトイヤーが主役の『バズライトイヤーのアストロブラスター』というアトラクションが東京ディズニーランドにあります。

クルーザーに乗り、スペースレンジャーの一員となってミッションを実行します。光線銃のアストロブラスターで敵を打ち、得点を重ねていくシューティングタイプのアトラクションです。

7.バズ・ライトイヤーの声優って?

所ジョージ・唐沢寿明

本編の字幕版ではティム・アレン、日本語吹替えは所ジョージがバズ・ライトイヤーの声を担当しています。東京ディズニーランドのアトラクションや『スペース・レンジャー バズ・ライトイヤー ~帝王ザーグを倒せ!~』は声優の稲葉実が声を当てています。

8.意外と深いバズの名言まとめ!

バズ・ライトイヤー ウッディ

バズは意外と深い言葉を残しています。

「無限の彼方へ、さぁ行くぞ!!」はバズのアクションボタンを押すと出てくる決め台詞です。他にも「飛んでるんじゃない。落ちてるだけだ。かっこつけてな」や「彼は私の命の恩人だ。今度は私が助けねば友達ではない」などがあります。

これらの台詞は重要なシーンで使われ、それだけ『トイ・ストーリー』の中でバズは物語の核となる存在だということがわかります。

9.バズ・ライトイヤーがスペインモードになった理由って?

バズ・ライトイヤー

『トイ・ストーリー3』では恐竜のレックスが間違ってボタンを押し、バズがスペイン語を話すシーンがあります。これはスパニッシュモードが搭載されているためです。

人種が多いアメリカでは英語とスペイン語が2大言語とされています。スペイン語を使う人が多く、声の切り替えモードの選択にスペイン語があるのかもしれません。

また、メキシコでもスペイン語を使うので、輸出用に作られたおちゃだと考えると設定として不思議じゃありませんね。

『トイ・ストーリー4』の公開も予定されています。ますますバズの活躍が楽しみですね。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ディズニーキャラクター特集
ピクサー特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧