2016年12月16日更新 16,472view

NHK朝ドラ『べっぴんさん』あらすじ・キャストまとめ【戦後の神戸が舞台】

2016年下半期の朝ドラ『べっぴんさん』のあらすじ・キャストをまとめました。ヒロインを芳根京子が演じ、戦後の神戸を舞台に、ヒロインが子供用品店を開店するまでを描きます。本作のキャスト情報などを随時更新していきます。

2016年下半期のNHK朝ドラ『べっぴんさん』

芳根京子

2016年10月3日から放送されるNHKの朝ドラ『べっぴんさん』は戦後の神戸を舞台に、子供服づくりに目覚めたヒロインが子供用品店を開店させる半生を描きます。

芳根京子がヒロインに決定!

芳根京子

ヒロインの坂東すみれ役に決定したのは1997年2月生まれの芳根京子。2200名を超える応募者の中から選ばれました。

芳根は2014年の朝ドラ『花子とアン』で仲間由紀恵の娘役を演じ注目を集め、2015年は映画『幕が上がる』に出演、7月期のドラマでは『探偵の探偵』で北川景子の妹を演じ、『表参道高校合唱部!』に主演、10月公開の映画『先輩と彼女』でヒロインを演じるなど飛躍しました。

2016年は1月期の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で終盤のキーパーソンを演じました。夏放送予定のスペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』でヒロインを演じることが決定しています。

芳根京子が演じるヒロイン坂東すみれ

坂東すみれは、刺繍や縫物が大好きで、ぼーっとしているように見えるところもありますが、強い芯を持った女性。太平洋戦争の最中に結婚、妊娠しますが、夫が出征し不在の中出産。家を空襲で焼かれ無一文になってしまいます。

すみれは、夫の帰りを待ちながら、自分の特技である洋裁の腕を生かして「子供服作り」を始めることに。

坂東家の人々

べっぴんさん

(C)NHK

坂東五十八/生瀬勝久

生瀬勝久

ヒロインすみれの父親である坂東五十八は、近江商人の家の次男として生まれました。天性の商才を持ち、妻のはなと繊維会社「坂東営業部」を設立し成功をおさめます。娘たちには少々過保護気味のようです。

生瀬勝久は『トリック』の矢部謙三役などで知られる俳優。2016年は『臨床犯罪学者・火村英生の推理』『重版出来!』などに出演しています。

坂東はな/菅野美穂

菅野美穂

ヒロインすみれの母親坂東はなは、強い芯を持った明るい女性であり優しい母。五十八とふたりで会社を軌道に乗せますが、もともと弱かった体で無理をしてしまったため、すみれが9歳の時になくなってしまいます。

菅野美穂は、2013年に堺雅人と結婚、2015年に第一子を出産しました。結婚以後は仕事をセーブしていましたが、2016年はドラマ『お迎えデス。』第一話に妊婦役でゲスト出演し、本作で2012年のドラマ『結婚しない』以来のメインキャスト出演になります。

坂東ゆり/蓮佛美沙子

蓮佛美沙子

ヒロインすみれの3歳年上の姉坂東ゆりは、成績優秀、ピアノや運動も得意で、父の会社の跡取りをしようと考えていましたが、戦争によって自分のやりたかったことができなくなってしまいます。出産や育児を通じて母性に目覚め、すみれを支えていく存在になるようです。

蓮佛美沙子は、大林宣彦監督をして「20年に1人の逸材」と言わしめた女優。2013年に大学を卒業した後、2015年に『ランチのアッコちゃん』『37.5℃の涙』と2本のドラマに主演するなど、注目度を上げてきています。本作で魅力を充分に発揮することができれば、本格的にブレイクする可能性も高いです。

坂東トク子/中村玉緒

中村玉緒

坂東トク子は、五十八の母で、すみれの祖母。戦中、疎開することになったすみれたちを暖かく迎え入れます。

中村玉緒は1939年生まれの大ベテラン女優。2016年は本作のほかにドラマ『クロスロード』に出演しています。

坂東長太郎/本田博太郎

本田博太郎

(C)日刊ゲンダイ

五十八の兄坂東長太郎を本田博太郎が演じます。本田は、2016年9月公開の『四月は君の嘘』に出演予定です。

坂東節子/山村紅葉

山村紅葉

出典: eiga.com

2時間ドラマを中心に活躍する山村紅葉が長太郎の妻坂東節子を演じます。

坂東静子/三倉茉奈

三倉茉奈

出典: eiga.com

マナカナの姉として知られる三倉茉奈が、長太郎の息子の妻坂東静子役で出演します。朝ドラ出演は『ふたりっ子』『だんだん』に続き本作で3作目。ちなみに左目の下にホクロがあるのが佳奈で、ホクロがないのが茉奈です。

追加キャストが発表!

野上正蔵/名倉潤

名倉潤

野上正蔵は、頭の回転が速く、数字に強い、「坂東営業部」の番頭役。五十八が貴族院議員になってからは、板東営業部の実質的な経営者となるようです。

ネプチューンのリーダーとして知られる名倉潤はほとんど演技経験がなく、ゲスト出演も含めて、本作が4作目のドラマ出演になります。役柄的に、もしかしたら本作がこれまでで最も名倉の演技を観れる作品になるかもしれません。

野上潔/高良健吾

高良健吾

野上潔は、正蔵のひとり息子でヒロインすみれの幼なじみです。豪快で優しく、カリスマ性のある人物とのこと。生涯にわたってすみれを支え続ける存在のようです。

高良健吾の2016年は月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の主演に始まり、『うつくしいひと』『蜜のあわれ』『ふきげんな過去』『シン・ゴジラ』と4本の映画に出演することが決定しています。

小野明美/谷村美月

谷村美月が可愛い!

出典: drama.nagoya

坂東家女中・マツの娘小野明美は、貧しい生活をしてきたため、お金持ちに対して憎悪に近いような気持ちを抱いています。戦後、看護師として働いている明美の元に、すみれが助けを求めてやってきて……。

谷村美月は、朝ドラ『まんてん』でデビューした1990年生まれの女優。2016年は『テラフォーマーズ』『星籠の海 探偵ミタライの事件簿』『U-31』と3本の映画に出演することが決定しています。

多田良子/百田夏菜子

百田夏菜子

出典: natalie.mu

多田良子は、ヒロインすみれの女学校時代の同級生で『手芸倶楽部』のメンバー。明るく、少しお調子者なところもあるムードメーカーです。戦後、すみれに誘われ、会社の創設メンバーになります。

百田夏菜子はアイドルグループももいろクローバーZのリーダー。2015年には『幕が上がる』に主演するなど、今後は女優としての活動もおこなっていくのかもしれません。

田坂君枝/土村芳

土村芳

田坂君枝は、すみれの女学校時代の同級生で『手芸倶楽部』のメンバー。戦後、すみれと再会し、会社の創設メンバーになります。

土村芳は、本作が連続ドラマ初レギュラー出演となる1990年生まれの新人女優。朝ドラの脇役からブレイクする女優は多くいますので、土村も今後ブレイクすることが期待されます。

麻田茂男/市村正親

市村正親

坂東家出入りの靴職人で、すみれにとってはモノづくりの師匠的存在。戦後、すみれたちに、自身の靴店「あさや」の一角を貸し、商売の後押しをします。

市村正親は、篠原涼子の夫としても知られる、舞台を中心に活躍する俳優。2016年は映画『高台家の人々』に出演しています。

『べっぴんさん』新しい登場人物も続々登場

村田昭一/平岡祐太

平岡祐太『べっぴんさん』

村田昭一は、すみれの友人である君枝とはある日ひょんなことから知り合ってのちに結婚。しかし軍隊に召集されて戦地に行くことになってしまいます。

平岡祐太は2002年にジュノンボーイに輝いていてそれ以来『スウィングガールズ』、『龍馬伝』などに出演しています。

岩佐栄輔/松下優也

松下優也『べっぴんさん』

岩佐栄輔はすみれの幼馴染である潔の友人で、潔と共に坂東営業部の再興を目指していきます。また、すみれを支え続ける存在にもなっていきます。

松下優也は過去にはミュージシャンとしてLIVEツアーを行ったり、ライブを行ったりするなど音楽活動に精を出していました。近年では俳優としても活動しています。

小沢勝二/田中要次

田中要次『べっぴんさん』

小沢勝二は、お見合いを経てすみれの友人である良子と結婚するも、年の差を気にして遠慮しがちになっています。しかしのちに戦地に行くことに…。

田中要次は強面俳優としてドラマや映画に出演しています。また、最近では強面とのギャップを活かした役などを演じています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

2016年秋のドラマ特集
2017年1月期冬ドラマ特集
NHK朝ドラ特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧