2016年4月23日更新 2,332view

2016年4月から観たい!おすすめ春ドラマを5つ選びました

4月になってまたいろいろとドラマが始まったけど、どれを観ればいいのかわからない~、という迷えるドラマファンの味方Ciatrがおすすめドラマをピックアップ!初回を見逃してしまったあなたもまだ間に合います。最新話は公式サイトで配信されていますので、是非観てみてください!

ラヴソング:月曜夜9時~

ラヴソング

福山雅治主演のラブ&ヒューマンドラマ『ラヴソング』は是非観ていただきたい春ドラマです!

福山演じる元ミュージシャンの企業カウンセラーと、吃音症を抱える整備士のヒロインが出会い、音楽を通して繋がっていくというストーリー。ヒロインを演じるのはドラマ初出演のシンガーソングライター藤原さくら。新人ということで演技を心配する声も聞かれましたが、第1話を終えて、視聴者の反応はおおむね好評のようです。

初回視聴率は10.6%と高いとは言えないものでしたが、吃音というこれまでドラマでは取り上げられることの少なかったテーマに焦点を当てた良作になることに期待が持てる第1話でした!

詳しいドラマ紹介はこちら。新月9ドラマ『ラヴソング』あらすじ・キャスト【福山雅治主演】

僕のヤバイ妻:火曜夜10時~(初回のみ夜9時~)

伊藤英明&木村佳乃

伊藤英明と木村佳乃が夫婦役で共演する『僕のヤバイ妻』。この記事を作成している段階ではまだ初回の放送(4月19日)がされていませんが、初回を夜9時からの2時間スペシャルにしていることからも力を入れて制作されているだろうことがうかがえます。

望月幸平(伊藤英明)と北里杏南(相武紗季)は不倫をしていて、望月真理亜(木村佳乃)の殺害をたくらみますが、計画決行前に真理亜の姿が消えてしまいます。幸平と真理亜の間で金の貸し借りがあったことから、真理亜失踪に幸平が関わっていると疑われて……というデヴィッド・フィンチャーの『ゴーン・ガール』を髣髴させるようなストーリーです。

詳しいドラマ紹介はこちら。ドラマ『僕のヤバイ妻』あらすじ・キャスト【木村佳乃がヤバ妻に!】

お迎えデス。:土曜夜9時~

『お迎えデス。』

(C)NTV

福士蒼汰と土屋太鳳のダブル主演で、知る人ぞ知る人気少女漫画『お迎えです。』が実写化されます。こちらも初回放送(4月23日)はまだとなっていますが、期待の持てる作品です。福士蒼汰演じる堤円と土屋太鳳演じる阿熊幸が、この世に未練を残した幽霊たちを成仏させていくという、おそらく一話完結型のドラマになります。

田中メカの原作は面白さが保証されているので、中心となるストーリー展開に不安はないでしょう。あとは脚本や演出、そして役者の演技といった部分でどれだけ加点できるかというところ。原作には登場しない、福士蒼汰演じる主人公堤円の家族や、鈴木亮平演じる死神ナベシマの同僚などのキャラクターが登場することから、原作にひとひねり加えてくるだろうことが予想されます。アレンジが上手くいっていることを願うばかりです。

詳しいドラマ紹介はこちら。実写ドラマ『お迎えデス。』あらすじ・キャスト【福士蒼汰×土屋太鳳】

99.9―刑事専門弁護士―:日曜夜9時~

99.9

(c)TBS

嵐の松本潤が主演する『99.9―刑事専門弁護士―』はコメディ要素もばっちり決まった良作ドラマとなっています。タイトルの99.9というのは、日本の刑事事件の有罪率を指します。起訴された場合、無罪となる確率は0.1%になりますが、その残り0.1%の可能性を追求する刑事事件専門の弁護士チームの奮闘を描いています。

われらが松潤は耳を触りがちな主人公のイケメン弁護士深山大翔を演じており、パラリーガル(弁護士のサポートをする法律事務専門職)の明石達也を演じる片桐仁との抜群に面白いやりとりを第1話から披露していました。ボケもツッコミもできる器用なバイプレイヤー片桐演じる明石に注目です。

第1話では、榮倉奈々演じるヒロインのツンツンぷりが目立ちましたが、おそらく中盤あたりからデレるのではないかと予想されるので、そちらも期待して追いかけていきたいと思います。

詳しいドラマ紹介はこちら。ドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』あらすじ・キャスト【松本潤主演】

ゆとりですがなにか:日曜夜10時半~

ゆとりですがなにか

(C)日本テレビ

宮藤官九郎脚本の『ゆとりですがなにか』も、視聴者の期待を裏切らない第1話となっていました。『99.9―刑事専門弁護士―』と続けてみると、日曜にドラマを2本(『真田丸』も観ている人は3本)観ることになってしまいますが、是非とも観ていただきたい作品です。

1987年生まれのゆとり第一世代は本当にゆとりなのか?というテーマを中心に描く社会派ドラマとなっています。社会派、と申しましても、クドカンらしいコメディセンスが炸裂する笑えるドラマになっていますので、肩の力を抜いて観ることができるでしょう。

「これだからゆとりは」と言ったことのある方には特に観ていただきたい作品です。ゆとりもいろいろ大変なんです。

詳しいドラマ紹介はこちら。ドラマ『ゆとりですがなにか』あらすじ・キャスト最新情報【宮藤官九郎新作】

この記事はこちらの特集に含まれています。

4月春ドラマ特集
おすすめドラマ

PAGE TOP

カテゴリー一覧