2016年5月10日更新 11,572view

クロコダイル、強すぎるかっこいい悪のカリスマに迫る7のこと【ワンピース】

ワンピース史上最もルフィを苦しめた男・クロコダイル、圧倒的な“悪”が渋くてカッコいい!そんな“カリスマ”な悪役クロコダイルの6つの魅力に迫ります。

1:クロコダイルの本名は?

a

本名はサー・クロコダイル、秘密犯罪結社バロック・ワークスの社長で社内でのコードネームは「Mr.0(ミスターゼロ)」。顔面を横に二分する不気味な縫い跡をもち、左手のフック、分厚いロングコートにくわえ葉巻がトレードマークです。

懸賞金として8100万ベリー懸けられていましたが、これは七武海加盟以前の懸賞金で政府が把握していない悪の要素も多く、実態を加味すると億超えは確実だと言われています。仲間とか信頼という言葉を頑なに否定する冷酷非道な実力主義者で、仲間を大事にするルフィとは正反対のキャラクターです。

2:アラバスタ王国でルフィが初めて戦った七武海

ルフィ クロコダイル

出典: isamuson.com

クロコダイルは、ルフィが七武海の中で初めて戦った相手にして最も苦戦を強いられた敵で、過去3度の対戦経験があります。

初戦の舞台はアラバスタ王国のレインベース、結果はルフィの完敗でした。手も足も出ないルフィを左手のフックで串刺しにするという残酷非道なやり口で、クロコダイルの悪役としての印象を強く残すことになりました。

17

出典: isamuson.com

二度目の対戦はアラバスタ宮殿で行われ、またもや力の差を見せつけられる結果となってしまうのです。クロコダイルが水に弱いことをさとり一時善戦しますが、砂人間の本領を発揮したためルフィは身体中の水分を抜かれ、干上がってしまうのでした。

ルフィ クロコダイル

出典: festy.jp

葬祭殿の地下で行われた三戦目、ルフィは捨て身の作戦に出ました。自分の血でクロコダイルの砂の体を固めて攻撃を仕掛けたのです。ついにルフィが勝負を制しました。

3:スナスナの実の能力者!

クロコダイル『ワンピース』

クロコダイルは自然系悪魔の実「スナスナの実」を食べた砂人間で、動物も植物も体内から水分を抜き取り干乾びさせることができます。

“砂漠において自分に勝てる者はいない”と自負してますが、唯一、水に弱いという特性があり、ルフィと戦った時にも水を使った攻撃を受け一定ダメージを受けました。

4:砂人間は無敵?クロコダイルの戦い方

クロコダイル

本人が自負している通り、無敵とも思える圧倒的な強さを持つクロコダイル。ここではその技をいくつか紹介します。

砂漠の宝刀(デザート・スパーダ)

クロコダイル

自身の腕を巨大な砂の刃に変形して攻撃。切れ味の鋭さから、地面にひびが生じるほどの威力を持ちます。

砂漠の向日葵(デザート・ジラソーレ)

a

自ら流砂を作り出して敵を飲み込む攻撃。砂漠ならではの技といえます。

侵食輪廻(グラウンド・デス)

クロコダイル

地面に触れているもの全て、水分を吸いとって砂漠化する攻撃。ルフィの草履が干乾びたことがあります。

5:白ひげとの因縁は?

クロコダイル

22年前、海賊王ロジャーが処刑された時、見物人の中に若き日のクロコダイルの姿がありました。後姿ではありますが、トレードマークの葉巻を吸っていることが判ります。

現在のクロコダイルをみると想像もつきませんが、以前は海賊王を夢見ていたのです。血気盛んだった当時、七武海に入り白ひげに勝負を挑んだものの惨敗してしまいました。

そして現在、ルフィとの3度目の戦いに敗れたのち、過去の悪事が発覚。七武海の称号と権利を剥奪され、身柄も拘束されることとなりました。その後、エースと同じLEVEL6に幽閉されている時にルフィと共闘し、脱獄に成功するのです。脱獄の目的は、マリンフォードで白ひげの首を取り、積年の恨みを果たすことです。

クロコダイル

マリンフォードに上陸後、ルフィや白ひげの部下ジョズの妨害に遭いまごついているうちに、白ひげがスクアードに刺されてしまいました。

“おれはそんな弱い男に負けたつもりはない!”と激昂すします。“白ひげの首を取れるのは己だけ”と生きてきたクロコダイルの目の前で、白ひげが部下に刺されてしまったのです。

この戦いで白ひげに対する執着は浄化されました。それからは攻撃対象を白ひげから海軍に変え、エースの処刑阻止に協力、エースの死後はルフィの逃亡を助けました。

6:実は女だった!?クロコダイルにまつわる噂

クロコダイル

出典: onesoku.com

クロコダイルは元々、女だった!?という噂が『ワンピース』ファンの間で飛び交っています。噂の根拠がいくつかあるので一つずつ検証してみましょう。

一つ目は、海賊王ロジャーの公開処刑を見物していたクロコダイルが、後ろ姿のみで顔を見せないようにしていたこと。22年前にはまだ女性だったので、敢えて分からないようにしていたのではないかとする説です。

クロコダイル

次はイワンコフの発言から推測したもの。ルフィと共にLEVEL6に現われたイワンコフは、ルーキー時代のクロコダイルの弱みを握っていることを匂わしていました。イワンコフの技といえば「エンポリオ・女ホルモン」。男性を女性に性転換してしまうという恐ろしい技です。

以前、元王族のムキムキ男が、か細い女に性転換されられてしまったことがありました。海賊王になるためには女性のままだと不利なので、イワンコフに頼んで逆の技(女性から男性に性転換)をかけてもらったのではないか?という説です。

イワンコフ 女ホルモン

もう一つは、単純にピアスの位置を取り沙汰したもの。通常、男であれば右耳にするピアスを左耳にしているのは女だから?というものです。

クロコダイル性別に関する議論は『ワンピース』の数ある謎の中でも関心の高いテーマで、興味深いキャラクターであることを裏づけているとも言えるでしょう。

7:クロコダイルの声優は?

a

大友龍三郎はシリアスな役や子供向けアニメの悪役を演じることが多い声優で、声優の他にナレーションの仕事をしています。

『ドラゴンボールZ』/ダーブラ

ダーブラ

『ドラゴンボールZ』は孫悟空を主人公に、次々に現れる敵から地球を守るSFアニメ。ダーブラは魔導師バビディの魔法で忠実な側近とされているが、実は暗黒魔界の王なのです。

『それいけ!アンパンマン』/化石の魔王ブラック

a

『それいけ!アンパンマン』は、ジャムおじさんが作った正義のヒーロー・アンパンマンを主人公に、仲間とともに地球の平和を守る物語。大昔に壷に閉じ込められていましたが、ばいきんまんによって解き放たれた化石の魔王。何でも化石に変えることができる技を持っています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ワンピース特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧