2017年1月17日更新 659view

内田理央出演ドラマ一覧

仮面ライダードライブで注目を集め、ブレイク間違いなしと言われる女優、内田理央。スタイルの良さも絶賛されていて、モデルとしても活躍中です。そんな内田理央の出演しているドラマをご紹介します。

ブレイク間近の女優内田理央

内田理央

内田理央は、スカウトをきっかけに芸能界に入りました。事務所に入ってからなんと1週間で日テレジェニック2010のオーディションを受けたそうです。

1991年9月27日生まれの東京都出身です。ファッション雑誌MOREの専属モデルを始め、グラビアなどでも活躍する中、女優としても活動していて、身長166㎝とスレンダーな体型が印象的です。モデルだけでなく、徐々に増えつつある内田理央の出演ドラマをご紹介します。

1:『空飛ぶ広報室』【2013年】

『空飛ぶ広報室』内田理央

有川浩の小説が原作の、新垣結衣、綾野剛主演のTBSテレビドラマです。2010年、東日本大震災以前の航空自衛隊の広報室が舞台の今作、ひょんなことから航空自衛隊と関わりを持つようになるリカ(新垣結衣)と広報官室井大祐(綾野剛)が、挫折しつつも人生に奮闘する姿を描いています。

内田理央は第4話の合コンシーンでゲスト出演しています。

2:『仮面ライダードライブ』【2014~2015年】

『仮面ライダードライブ』内田理央

出典: topicks.jp

2014年10月5日から2015年9月27日まで放送されていた特撮ドラマで、平成仮面ライダーシリーズ第16作目になります。歴代で、初めてバイクではなく車を運転する仮面ライダーとしても話題になった作品です。

警視庁特状課に勤務する泊進ノ介(竹内涼真)は、ある事件の捜査を進めるうちに、彼は戦士になるように語りかける謎のベルト、ドライブドライバーに出会います。そして進ノ介は仮面ライダードライブとして仲間とともに敵と闘うことになり、進ノ介の成長とともに物語が進行します。

内田理央が演じた役柄は警視庁特状課の巡査、詩島霧子というヒロインです。美人なのに笑わず、機械的に仕事を遂行し、勧善懲悪では割り切れない複雑なキャラクター設定も特徴的。仮面ライダードライブの正体を知っており、優れた格闘能力をもつ敏腕アシスタントという主要キャラクターを演じました。かわいい制服姿にも注目です。

3:『掟上今日子の備忘録』【2015年】

内田理央

日本テレビ系の土曜ドラマ枠で2015年に放送されました。西尾維新によるライトノベルの人気シリーズを実写ドラマ化した作品です。

主演は新垣結衣で、白髪に眼鏡姿で寝ると記憶がなくなってしまうという忘却探偵、掟上今日子役です。記憶がリセットしてしまうため、ほぼ1日で事件を解決に導いていきます。大事なことは忘れてしまわないよう、体にマジックで直接書き込むという不思議な設定の探偵を演じています。

『掟上今日子の備忘録』内田理央

今日子に想いを寄せる隠舘厄介役を、岡田将生が演じ、内田理央は、アパルトマン兼カフェ服屋探偵斡旋所、サンドグラスの従業員の幕間まくる、というドラマオリジナルキャラクターとして登場しました。

変装次第でキャラクターが変化し、可愛い容姿に似合わず武術が得意です。アクションシーンも多いそうで、見どころの一つと言えますね。

4:『ドッキリはドラマのあとで』【2015年】

内田理央

前半のドラマ仕立ての展開で依頼者のためにとびきりのドッキリを提案し、結末はドッキリ迎えるという、オチが見るまで誰もわからないという、ドラマとドッキリが融合した新感覚のバラエティー番組です。

“驚きあれば人生が豊かになる”を社訓としているドッキリ屋の従業員、ノマグチ(野間口徹)、サワベ(澤部佑)、リオ(内田理央)。そんなドッキリ屋にさまざまな芸能人の依頼者がやってきます。

依頼に対し、ドッキリを仕掛けてすっきりさせてあげるのが、ドッキリ屋の仕事です。アシスタント役の内田理央ですが、明るいキャラクターでバッチリとサワベをサポートしています。

5:『ニーチェ先生』【2016年】

内田理央

2016年1月からHuluで配信されている、コンビニバイトの日常を描いたコメディドラマ『ニーチェ先生』に出演しています。

ツイッターでのあるつぶやきが話題になり、最終的にそのつぶやきをもとに漫画化と実写ドラマ化を果たした異色の作品です。

架空のコンビニ”スリーセブン寺院通り店”を舞台に、自分の感情に正直なアルバイト店員仁井智慧(間宮祥太朗)や、先輩アルバイト店員松駒(浦井健治)らのコミカルな人間模様を描いた漫画原作のコメディです。

内田理央はコンビにの新人アルバイト、立崎萌を演じています。なんと、彼女のキャラクターは原作に登場しないオリジナルだそう。可愛らしいツインテールとニーハイソックスを身にまとう不思議ちゃんという役柄は、アニメ好きとして有名な内田にとってまさにハマり役と言えるのではないでしょうか。

6:『ダメな私に恋してください』【2016年】

内田理央

出典: natalie.mu

深田恭子演じる、主人公の柴田ミチコは30歳独身、彼氏も貯金もなく、仕事にも困り、あるのは肉に対する欲望だけというダメダメなアラサー女子です。そんな彼女を不憫に思いアルバイトとして雇う、喫茶店ひまわりのマスター黒沢歩は、ミチコの元上司であり、どうしようもない彼女を時に厳しく接しつつも優しく受け入れます。

明日の生活のために、やむなくひまわりでアルバイトを始めるどうしようもないミチコと、ドSな歩のラブコメディです。

内田理央はミチコの同僚の江藤瞳役で、ピンクの制服が似合うかわいいOL役を演じています。

7:『臨床犯罪学者 火村英生の推理』【2016年】

内田理央

有栖川有栖による推理小説、作家アリスシリーズの実写ドラマ化した作品です。日本テレビ系のテレビドラマで、主演は斎藤工、窪田正孝が演じました。内田理央は第4話のゲストとして出演し、何者かに殺害された堂条秀一(岩城滉一)の秘書、鷺尾優子役で、事件の第一発見者という役柄で登場しました。

男性からも女性からも好かれ、印象の良い優子ですが、事件の真相を握る重要な人物となっています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

日本の美人女優・若手女優特集
参考URL
yaplog.jp
ameblo.jp

PAGE TOP

カテゴリー一覧