2016年6月30日更新 5,116view

『インデペンデンス・デイ リサージェンス』感想評価まとめ【ネタバレ注意】

1996年公開のSF映画『インデペンデンス・デイ』の続編『インデペンデンス・デイ リサージェンス』が2016年7月9日に公開されます。今回は『インデペンデンス・デイ リサージェンス』海外感想評価まとめを紹介します。

2016年7月9日公開『インデペンデンス・デイ リサージェンス』!

1996年公開の大人気SF映画『インデペンデンス・デイ』の続編『インデペンデンス・デイ リサージェンス』が2016年7月9日に公開されます。

インデペンデンスデイ

前作同様ローランド・エメリッヒがメガホンを取っていますが、本作ではウィル・スミスの代わりにリアム・ヘムズワースが主役を務めています。

海外では一足早く本作が公開になりネット上に様々な評価感想がアップされています。海外の人気映画評価サイトIMDbで平均5.8/10とかなり辛辣な評価が多いようです。

魂がない、退屈など辛辣な意見が多数!?

インデペンデンスデイ

出典: www.cnet.com
“今日私はこれほどのアクション大作が退屈になり得ることを学んだ。

本作はそれほど退屈だったんだ。酷い演技、そして中身のないストーリーやキャラクター。良かった点はそこそこの特殊効果くらいだ。

1996年のオリジナルには感動的な瞬間やウィル・スミスのセリフで笑う場面が多々あった。つまりオリジナルは魂がこもった作品だったんだ。でも、2016年版にはその魂が全く感じられない。”

引用:www.imdb.com

インデペンデンスデイ

“本作は色々詰め込み過ぎてキャラクターが薄っぺらい。

中国本土の観客に向けた無駄なシーンも多々あったし、120分の映画にするにはあまりに強引だ。

新たなキャラクターと旧キャラクターに距離感を感じて全く感情移入できないから、いくら派手な爆発やエイリアンの侵攻があってもまったくエキサイトできない。

僕の前にいた女性がフェイスブックのメッセンジャーでメッセージを送っていたから、僕は3Dメガネを上げて彼女のテクストをのぞいていたよ。もちろん彼女が書いていた文章は本作がどれだけ退屈かということだった。”

引用:www.imdb.com
“私はエイリアン侵略映画の大ファンだけど、本作鑑賞後は貴重な時間を無駄にしたと感じてしまった。

もしも本作の続編が作られるくらいなら、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』の続編にお金を投入してほしいものだ。”

引用:www.imdb.com

スケールアップしている!興奮したなど絶賛する声もちらほら!?

インデペンデンスデイ

“ストーリーが少し急ぎ足に感じたけど、“コンピュータウイルス”のプロットを使用しなかった脚本家たちには賛辞を贈りたい。

セカンドアクトのドッグファイトや最終幕のエイリアンとのファイナルバトルにはとても興奮した。それに、オリジナルと本作のリンクが上手く機能していたからとても満足している。

本作の脚本家とプロデューサーがとどまって続編が製作されることを望む。とにかく本作は本当に素晴らしい映画だ。厳しい批評を多く目にするが、とにかく鑑賞してから判断してほしい。”

引用:www.imdb.com
“本作は1996年と同じイベントが語られているが、革新を遂げた視覚効果によってよりかなりスケールアップしている。

ウィル・スミスがカムバックしていないことは残念だけど、愛国心、ユーモア、いい加減な科学などオリジナルのスピリットは保たれていたと思う。ジェフ・ゴールドブラムやビル・プルマンは20年振りにカムバックしているからね。

それに、ハラルド・クローサーの音楽は前作を超えていたし、視覚効果は『デイ・アフター・トゥモロー』の匹敵するほど素晴らしい。

エメリッヒは偉大な作家ではないけど、ディザスタームービーのキングであることを本作で再び証明した。”

引用:www.imdb.com

インデペンデンスデイ

“今まで傑作から駄作まで様々なSFを鑑賞してきた私が断言する、本作は素晴らしいSFアクション映画だ。

オリジナルから20年経過したことで、プロットはより合理的に、アクションはよりロジカルでリアルに進化している。ブレント・スピナー演じるオークン博士は素晴らしいコミックリリーフの役割を担っていた。”

引用:www.imdb.com

欠点はあるがハードルを下げれば楽しめるとの意見も多数!?

インデペンデンスデイ

“本作の問題点はたいていの脅威がエイリアンによるものではなく、バカな人間が原因である点だ。

本作を心から楽しんだかと聞かれたら答えはNOだけど、CGはとてもクオリティが高く、素晴らしいチェースシーンはあった。

続編には全く期待していなかった分は楽しめたよ。本作はかなりの若者をターゲットにしていたのかもしれない。”

引用:www.imdb.com
“オリジナルはもちろん超えていないけど、本作に失望することはなかった。スペクタクルに溢れた本作はあまり期待値を上げ過ぎなければ、きっと楽しめるはずだ。”
引用:www.imdb.com

インデペンデンスデイ

“本作はグレートな映画ではなかったけど、間違いなく『インデペンデンス・デイ』の続編だった。多くの欠点はあるものの、興奮する場面やノスタルジーを感じる場面が多々あった。ほとんどの観客が本作を楽しめるはず。“
引用:www.imdb.com
“本作はローランド・エメリッヒ監督作の中でベスト2の映画。

もちろんベストは1996年の『インデペンデンス・デイ』だ。ウィル・スミスは出演していなくても、5人の若手俳優がそれを補っている。ラブシーンは退屈に感じてしまったけど、もう1度観たいと思える作品。”

引用:www.imdb.com

新キャストの演技がガッカリで感情移入できない!?

インデペンデンスデイ

“新たな俳優陣は全員酷かった。キャラクターたちがステレオタイプすぎて感情移入できない。

途中からはエイリアンが勝とうが負けようがどうでもよくなっていたよ。

ジェシー・T・アッシャーがオリジナルにちなんだセリフを吐く場面があるんだけど、パフォーマンスが酷すぎて全く感動てきなかった。

ブレント・スミナーは実力ある俳優なのに、なぜか本作では感情のないアンドロイドのように思えた。”

引用:www.imdb.com
“本作にはオリジナルにあったテンションやキャラクターの魅力が足りない。新キャストを全て一新すれば、もっと質の良い映画が生まれるかもね。彼らは本当に薄っぺらでソウルがない。

一方、ジェフ・ゴールドブラムやブレント・スピナーは前作同様素晴らしいパフォーマンスだった。

本作のエンディングに続編の可能性を残していたけど、このクオリティでは続編の成功は厳しいだろう。”

引用:www.imdb.com
参考URL
www.imdb.com

PAGE TOP

カテゴリー一覧