2017年4月13日更新 31,958view

『ソー:ラグナロク』あらすじ・キャスト【2017年全米公開予定】

神様でありながらオレ様な主人公・ソーが人気の『マイティ・ソー』シリーズ。その最新作『ソー:ラグナロク』が2017年に公開されます。ヘラとヴァルキリーという女性キャラクターも登場するシリーズ第三弾の最新情報をお伝えします。

大人気コミックが原作シリーズの最新作『ソー:ラグナロク』が2017年に全米で公開!

“神様かつオレ様的ヒーロー”が主人公の人気コミックシリーズ『マイティ・ソー』。2011年に映画化第一弾の『マイティ・ソー』が製作され、2013年に第二弾の『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』が制作されています。

シリーズ最新作となる映画『ソー:ラグナロク』は、2017年11月3日にアメリカで公開予定です。いったいどんな作品となるのでしょうか?

『ソー:ラグナロク』のあらすじは?

最強の武器であるハンマーを失い、捕らえられてしまったソー。全ての死者を操ることを目論む死神ヘラによってソーの故郷であるアスガルドが破壊され、「終末の日」を意味する”ラグナロク”が迫ります。かつてアベンジャーズとして共に戦ったハルクと共にソーは最強の敵を倒すことはできるのでしょうか。

『ソー:ラグナロク』の気になるキャストは?

最新作ではどんなキャストが発表されているのでしょうか?

ソー役:クリス・ヘムズワース

主人公・ソー役は前作と同じオーストラリア出身の俳優、クリス・ヘムズワースです。

クリスの映画デビュー作は、ジェームズ・T・カークの父親役を演じた2009年公開の『スター・トレック』ですが、出世作となった『マイティ・ソー』シリーズは彼にとっても重要な役になっていることでしょう。

ロキ役:トム・ヒドルストン


ソーの義兄弟であり、宿敵のロキ役も、過去の全シリーズを演じたトム・ヒドルストンが担当します。

トムは映画化第一弾から出演していますが、第一弾に向けたオーディションではソー役で参加していました。しかしオーディションが進むにつれ、監督からロキ役を提案されたそうです。

ヘイムダル役:イドリス・エルバ


北欧神話に登場する光の神であるヘイムダル役は、こちらもシリーズ通して同じ配役であるイドリス・エルバが演じます。

イドリスは黒人ですが、黒人の彼が北欧神話の神様役を演じることに対し、政治団体から“白人差別”だと指摘されたことがあります。

オーディン役:アンソニー・ホプキンス

『ハンニバル』 アンソニー・ホプキンス

ソーの父親でありかつてのアスガルドの王であるオーディン役を、前作と同じアンソニー・ホプキンスが演じることも決定。

アンソニーと言えば、映画『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター役が有名な名俳優です。既に70歳を超えている彼が、オーディンの武器である真鍮製の槍を扱う姿が本作でも期待されます。

ヘラ役:ケイト・ブランシェット

『ブルージャスミン』 ケイト・ブランシェット

死をつかさどる女神・ヘラ役にはケイト・ブランシェットが発表されています。

原作コミックでは、すべての死者を支配しようとし、ソーを憎んでいるという悪役です。映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでは美しいエルフのガラドリエルを演じたケイトが、どんな悪役を見せてくれるのか期待しましょう。

ヴァルキリー役:テッサ・トンプソン

『ヴェロニカ・マーズ』

アスガルドの女戦士であるヴァルキリー役にはテッサ・トンプソンが発表されています。

テッサはミュージシャンとしても活動しており、女優としてはテレビドラマ『ヴェロニカ・マーズ』に出演したことで注目を浴びました。テッサは、本作以外のマーベル作品にも出演することが予定されています。

スカージ役:カール・アーバン

アスガルドの戦士で、ハルクに立ちはだかることになるヴィランのスカージ役には、カール・アーバンが抜擢されました。

『ロード・オブ・ザ・リング』のエオメル役で認知されるようになり、『スター・トレック』シリーズではレナード・”ボーンズ”・マッコイを演じています。

グランドマスター役:ジェフ・ゴールドブラム

ジェフ・ゴールドブラム

宇宙一、長寿と言われる種族の長老であるグランドマスター役は、ジェフ・ゴールドブラムが演じます。グランドマスターは、ベネディクト・カンバーバッチ主演、2017年公開の『ドクター・ストレンジ』での登場も噂されています。

ジェフ・ゴールドブラムは『ジュラシック・パーク』や『インデペンデンス・デイ』で知られています。

監督はタイカ・ワイティティが務める

本作の監督を務めるのは『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のタイカ・ワイティティです。

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』は日本では2015年に公開されました。タイトル通り、ヴァンパイア達と共同生活することになってしまった大学生の生活を追った”フェイク・ドキュメンタリー”映画です。タイカはこの映画に自身もヴァンパイアのヴィアゴ役として出演しています。

『ソー:ラグナロク』ではどんな映像を制作してくれるのか、期待しましょう。

ハルクの登場が確定


マーベルコミックの人気キャラである緑の巨人、ハルク。ソーとハルクは2016年公開の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で共演していますが、『ソー:ラグナロク』で再び揃うことになりそうです。

ハルクを演じるはマーク・ラファロ

2012年に公開された『アベンジャーズ』でハルクを演じたマーク・ラファロ。エリック・バナやエドワード・ノートンら演技力の高い俳優が務めてきたハルク役ですが、彼らに勝るとも劣らない演技を見せました。映画『スポットライト 世紀のスクープ』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされています。

そんな期待されるマーク・ラファロは、本作で「ハルクは元の人格であるバナー博士と衝突することになる。」とコメントしています。

『ソー:ラグナロク』にドクター・ストレンジが参戦決定!,

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジとはマーベルコミックに登場する魔術を使うヒーローです。

マーベルコミックのヒーローは超能力や、超科学を駆使して相手をうちをうちのめすヒーローが多いです。

そんな中、ドクター・ストレンジはオカルト的な「魔術」いう力を使って戦うマーベルコミックのヒーローの中では珍しいヒーローです。

また長い努力の末に魔術を習得したということで知識も経験も豊富であり、多くの他のヒーロー達の相談相手となっているともされています。

そんなヒーローの中のリーダー的ヒーロー「ドクター・ストレンジ」も『ソー:ラグナロク』への登場が確定しました。

『ソー:ラグナロク』の撮影現場写真が楽しそう!

撮影最終日だということを伝えています。とても楽しい現場だったという思いが伝わってきます。

Laugh now, cry later.

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)が投稿した写真 –

#Thor3 On set behind the scenes. @chrishemsworth

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)が投稿した写真 –

主演を務めるクリス・ヘムズワースとの一枚。とても仲が良さそうです。

Hemsworth in Full Thor3 Costume!!!

Mark Ruffaloさん(@markruffalo)が投稿した写真 –

ソーの衣装に身を包んだクリス・ヘムズワース。

Sensei Ruffles last day on #Thor3. Don't go. I was just learning how to make creepy face mask + a motion capture suit look cool. @markruffalo

Tessa Thompsonさん(@tessamaethompson)が投稿した写真 –

モーションキャプチャーのスーツ姿のテッサ・トンプソンとマーク・ラファロ。とぼけた様子を見せて楽しんでいます。

日本国内での公開が待ちきれないですね!

この記事はこちらの特集に含まれています。

マーベル特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧