2016年8月15日更新 18,372view

スーパーヒーローを二役以上演じていたひっぱりだこの人気俳優13人

スーパーマン、バットマンなどみんなが憧れるスーパーヒーローを演じられる俳優はほんの一握りですが、幸運にも1人で2人以上のヒーローを演じた人物もいるようです。今回はスーパーヒーローを2役演じた俳優13人を紹介します。

1.ジョニー・ストーム&キャプテン・アメリカ:クリス・エヴァンス

クリスエバンス

クリス・エヴァンスはマーベルコミックの象徴的キャラクターを2人も演じたとてもラッキーな人物です。

2005年~2007年の間映画『ファンタスティック・フォー』シリーズでジョニー・ストーム(ヒューマン・トーチ)を演じた後、2011年『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』でキャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)に抜擢されました。

2.キック・アス&クイックシルバー:アーロン・テイラー=ジョンソン

アーロン・ジョンソン

アーロン・テイラー=ジョンソンはマシュー・ヴォーン監督『キック・アス』(2010)とその続編『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013)で主役のオタクヒーロー“キック・アス”を演じていました。

2015年公開のマーベル映画『アベンジャーズ・エイジ・オブ・ウルトロン』ではスピードスター“クイックシルバー”を演じています。

3.ストーム&キャットウーマン:ハル・ベリー

ハルベリー

ハル・ベリーは2000年公開の映画『X-MEN』から2014年の『X-MEN:フューチャー&パスト』までストームを演じていました。

また『X-MEN』映画シリーズ2作目と3作目の間に、DCコミック映画『キャットウーマン』(2004)でキャットウーマン役に抜擢されました。

4.ゴーストライダー&ビッグダディ:ニコラス・ケイジ

ニコラスケイジ

今まで数々の映画に出演してきたニコラス・ケイジは大のコミックファンとして知られています。

2007年にはマーベルコミックを原作とした『ゴーストライダー』で主役ゴーストライダーを演じ、2010年の『キック・アス』ではヒットガールの父親ビッグダディを好演しています。

また1996年にはスーパーマン役候補に挙がっていたそうです。

5.デアデビル&バットマン:ベン・アフレック

ベン・アフレック

ベン・アフレックが初めてスーパーヒーローを演じた作品はマーベルコミック原作の『デア・デビル』(2003)でした。

かなり酷評されたため長い間ヒーローを演じていなかったベン・アフレックですが、2016年公開のDC映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』よりバットマン(ブルース・ウェイン)を演じています。

6.グリーン・ランタン&デッドプール:ライアン・レイノルズ

ライアンレイノルズ

ライアン・レイノルズは2011年DCコミックを原作とした映画『グリーン・ランタン』でハル・ジョーダン(グリーン・ランタン)を演じました。また、2016年公開大人のヒーロー映画として大人気を博した『デッドプール』でデッドプールを演じています。

2009年、ライアン・レイノルズは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でウェイド・ウィルソン(デッドプール)を演じていました。当時は原作とかけ離れていたことでファンからかなりの不評でしたが、2016年に公開された『デッドプール』では同じく彼がウェイド演じ、こちらは大ヒットとなりました。

7.スーパーマン&アトム:ブランドン・ラウス

ブランドンルース

2006年、ブランドン・ラウスは『スーパーマンリターンズ』のクラーク・ケント(スーパーマン)に大抜擢されました。

また、2014年からCW製作DCコミック原作のテレビシリーズ『ARROW/アロー』でアトム(レイ・パーマー)を演じています。

8.フロゾン&ニック・フューリー:サミュエル・L・ジャクソン

サミュエル・L・ジャクソン

2004年サミュエル・Lジャクソンはピクサー映画『Mr.インクレディブル』でフロゾンの声優を務めました。

また2008年の映画『アイアンマン』からマーベル作品で度々S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリーを演じています。厳密に言うと、ニック・フューリーはスーパーヒーローではありませんが、彼の活躍は十分ヒーローに匹敵します。

9.ロボコップ&リック・フラッグ:ヨエル・キナマン

ロボコップ

2014年『ロボコップ』のリメイク作品でロボコップ役に抜擢されたのはスウェーデン出身の俳優ヨエル・キナマンでした。

そして、キナマンは2016年9月公開DCヴィランが集結した映画『スーサイド・スクワッド』で数少ないヴィランではないキャラクター“リック・フラッグ”を演じています。

10.ワンダーウーマン&モッキンバード:エイドリアンヌ・パリッキ

palicki

2011年、エイドリアンヌ・パリッキはDCコミックの女性スーパーヒーロー“ワンダーウーマン”のテレビドラマの主役に抜擢されて第1話の撮影に臨んでいました。しかしシリーズ化はされず1話で打ち切りになっていまいました。

その後、2014年からマーベルのドラマシリーズ『エージェント・オブ・オブ・シールズ』でモッキンバードを演じています。

11.キティ・プライド&ボルティ:エレン・ペイジ

エレンペイジ

エレン・ペイジは2006年『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』からキティ・プライドを演じていました。

また、彼女は2010年ジェームズ・ガンがメガホンをとった異色低予算ヒーロー映画『スーパー!』でクリムゾンボルトの相棒ボルティを演じています。

12.スポーン&ブロンズ・タイガー:マイケル・ジェイ・ホワイト

スポーン

マイケル・ジェイ・ホワイトは人気アメコミを原作とした映画『スポーン』でアル・シモンズ(スポーン)を演じていました。

また2013年ドラマ『ARROW/アロー』ではヴィランからヒーローに変わるキャラクター“ブロンズ・タイガー”を演じています。

13.グリーン・アロー&ケイシー・ジョーンズ:スティーヴン・アメル

スポーン

2012年、スティーヴン・アメルは『ARROW/アロー』オリバー・クイン(グリーン・アロー)役に抜擢されました。

また、2016年『ミュータント・タートルズ』の続編『ミュターント・ニンジャ・タートルズ:シャドウズ』ではタートルズの仲間ケイシー・ジョーンズを演じています。

PAGE TOP

カテゴリー一覧