2016年7月28日更新 8,146view

8月のテレ東『午後のロードショー』が熱い!渾身のラインナップ!

2016年で放送20周年を迎えたお昼の映画プログラムといえばテレビ東京の「午後のロードショー」。毎回独自のラインナップでお茶の間を楽しませていますが、8月は夏休みシーズンということもあり、いつも以上に豪華です!

夏休みの午後は午後ローで決まり!

final

出典: www.b-ch.com

「午後ロー」の通称で、映画ファンはもちろん一般層に親しまれている、テレビ東京のお昼の番組「午後のロードショー」。

2016年で放送20周年を迎えても、変わらぬ通好みなプログラム編成となっていますが、8月は夏休みシーズンということもあり、いつも以上に大ヒット作や話題作が目白押しとなっています。

“黒歴史”扱いのハリウッド版ゴジラ(2016年8月1日放送)

gunjokokoro
本場ゴジラからはかけ離れた姿のせいで日本人からはゴジラじゃないと言われ、海外の特撮好きからもゴジラではないと言われたかわいそうな作品。

キャラクターもあまりにステレオタイプ過ぎて批判をくらったが、ゴジラという考えを捨てると程よいB級感で意外とと楽しめる。
個人的には嫌いになれない。

yuka_ozono
今はこれはこれで嫌いじゃない。でも当時ガッカリした。

新作『インデペンデンスデイ/リサージェンス』も話題のローランド・エメリッヒが、1998年に監督したハリウッド資本のゴジラ映画。

日本版ゴジラとはあまりにもかけ離れたビジュアルなどが賛否を引き起こし、2014年のリブート版と比較され、今や“黒歴史”扱いされていますが、ゴジラ映画ではなく“怪獣映画”として割り切って観るといいかも。

1980年代に復活したゴジラ(2016年8月2日放送)

potunen
ドラマ部分がいまいち。例えば主人公の一人が妹の学費稼ぐために留年覚悟でマグロ漁船乗ってる(しかも何年も)、て意味わからん過ぎる。唯一、総理大臣だけはかっこいい。どっかのアメリカの言いなり大臣とは違うね。ラストのしんみり雰囲気も意味不明。でもまあ、特撮はそこそこ迫力あった。

1975年の『メカゴジラの逆襲』以降、製作されていなかったゴジラ映画を、9年ぶりに復活させました。

それまで正義の味方的ポジションで扱われていたゴジラを、“人類を脅かす怖いゴジラ”という原点回帰のもとで製作されました。

『ゴジラ』シリーズ総決算、人気怪獣総登場!(2016年8月3日放送)

Keisuke__Aoyagi
ゴジラで一番面白いやつ。怪獣もいいけど俳優さん達のアイドル性が光る。登場場面が少ない人でもキャラが立ってるし、もっとそちらで物語を作って欲しかった。
Keimiyazato
最高のゴジラ映画を作ろうと制作された作品ですが近未来設定とかX星人とか人気怪獣総出演とか 過去のマイナス材料や失敗例ばかりで作り上げてどないすんねん!結局ゴジラを活かす設定って一作目以外に考えられません、そしてどこにでも参加のキース・エマーソンが悲しい(T_T)

『FINAL』というタイトルが示すように、『ゴジラ』シリーズの総決算として製作され、歴代のゴジラ映画に登場した怪獣が大挙として登場したことで大きな話題となりました。

監督の北村龍平の意向により、怪獣たちがダイナミックに暴れるアクションシーン満載のゴジラ映画となっています。この作品以降、ゴジラ映画は2014年のハリウッド版『GODZILLA/ゴジラ』まで作られることはありませんでした。

ヴィン・ディーゼル主演のSFアクション(2016年8月4日放送)

リディック

アクションスター、ヴィン・ディーゼルが主人公を演じた、圧倒的な強さを誇る極悪人リディックを描いたSFアクション。

タイトルでは分かりにくいですが『ピッチブラック』の続編にあたり、第3弾『リディック:ギャラクシー・バトル』も製作されています。

いじめられっ子が空手で強くなる!ヒットシリーズ第1弾(2016年8月5日放送)

Ken_Chang
いじめる側の師範も弟子も大概なクズぞろいでして、同情の余地ないのでスカッと気持ちいい映画です(^^)

実は父親がこれに感化されたために私、空手黒帯持ちですw

akuyaku12
おもしろかったなあ

いじめられっ子の高校生ダニエルが、空手を学ぶことで肉体的にも精神的にも成長していく姿を描きます。ノリユキ・パット・モリタ演じる空手の先生ミヤギのキャラクターが人気を博し、シリーズ化されるほどのヒットとなりました。

2012年に、ジェイデン・スミスとジャッキー・チェン主演でリメイクされたのも記憶に新しいところです。

マーベルヒーローたちが大活躍!(2016年8月8日放送)

igagurichan
ヴルヴァリン格好いい!!
Ryo_Onishi
アメコミ映画だからみてみたけど
一作目からこれははまる!
続編めっちゃみたくなる!!
キャラクター、一人一人能力あっておもろい

突然変異によって生まれた、特殊能力を持つミュータントたちが活躍する人気アメコミシリーズ第1弾。

人類との共存を計るプロフェッサーX率いる「X-メン」と、人類を敵とみなすマグニートー率いる「ブラザーフッド」の戦いを描きます。

X-メンvsブラザーフッド、最終決戦!(2016年8月9日放送)

Yukari__Nakao
面白い!!!
でもさすがに時系列が
わけわからないことになってきました。

復習せねばーT^T

ossan5252
前二作より面白かった。結局彼が正しかったっていうのがよかった。
色んなミュータント出てきて楽しい。これは劇場で観たかった・・・

『X-メン』から続くシリーズ第3弾。ミュータントを普通の人間に戻す新薬「キュア」をめぐり、X-メンとブラザーフッドが最終決戦を繰り広げます。

この作品でシリーズはいったん一区切りとなり、スピンオフやリブート作品へと枝分かれしていきます。

ウルヴァリンの過去が明らかに!(2016年8月10日放送)

ayutaka
面白い!

お兄さんいるなら、どこかの作品で

再び登場してくれる事を願う!!

Kobayashi_Shoki
ウルヴァリンの過去が明らかになる作品。アクションも多く、最後まで飽きずに見れた。

『X-MEN』シリーズの人気キャラクター、ウルヴァリンの過去を軸に描いたスピンオフ作品です。実兄のセイバートゥースも交えたバトルを繰り広げます。

ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンが製作も務め、こちらも独立してシリーズ化されるヒットとなりました。

空手少年ダニエル、沖縄へ行く(2016年8月12日放送)

ryomadonodono
不朽の名作。

舞台を師匠ミヤギの出身地の沖縄に移して展開するシリーズ第2弾。ミヤギに恨みを持つかつてのライバルが、弟子を使って復讐を計ろうとします。はたしてダニエルとミヤギの運命は?

沖縄が舞台となっていますが、撮影そのものはロサンゼルスのリトル・トーキョーやフィリピンで行われています。そのため、至るところにおかしな日本描写があるのが特徴。

テキトーに考えた子守唄が現実に!(2016年8月15日放送)

ベッドタイム・ストーリー

出典: eiga.com
iamAmy
子供達にほっこり。ストーリーも簡潔でいいと思う。ディズニーっとぽいね
バズ出ててわろた
____RiN____
ベッドサイドで読んでもらったおとぎ話が現実に!っていう、王道ファンタジー。
わかりやすく、軽快で、最初からある程度のハッピーエンドが予想できるお話。

甥たちを預かることになった冴えない中年男が、子守唄として彼らを寝かしつけるために話した思いつきの物語が、翌朝になる現実になっていた…という、ディズニー製作らしい、定番のファンタジーアドベンチャーです。

少女ライラのマジカルアドベンチャー(2016年8月16日放送)

ライラの冒険

出典: www.hulu.jp
akuyaku12
何年か前に一度見ていたけど、改めて見直したら「こんな話だったっけ?」という印象が強かった。思い出は美化される。
続編の話きいた覚えないけどなんでこのラストなんだろうと思ってたら続編コケちゃったんですね。もったいね〜〜〜続編があったらホント綺麗に完成してた作品だろうなあ。
chuuri23
わくわくしてたのしかった(๑´ㅂ`๑)

傑作ファンタジー小説の第一部「黄金の羅針盤」を映画化。科学と魔法が融合したパラレルワールドを舞台に、少女ライラが冒険に旅立ちます。

ダニエル・クレイグ、ニコール・キッドマンといった名優が脇を固めています。

国民的大ヒット映画をディズニーがリメイク(2016年8月17日放送)

南極物語

1983年に大ヒットした日本映画をディズニーがリメイク。原題の『Eight Below』とは「零下8度」という、過酷な南極大陸の温度を意味しています。

基本的なあらすじはそのままですが、登場する犬がアラスカン・マラミュートとシベリアン・ハスキーに置き換えられたり、ファミリー向けということもあってオリジナル版より過酷度合いが抑えめになっているのが特徴。

家族の行方と謎の箱を追え!(2016年8月18日放送)

Yusuke__Sato
TSUTAYA限定でレンタルしました。トレジャーハント系の物語かと思ったら以外とストーリーが凝っていてよかったです、次回作もあるようなので見てみたい。主人公がどことなくロードオブザリングのフロドに似てるような…
peanuts_green
古代遺失物局が出てきたところはかっこよかった。とくに黒人の男性が素敵。
マライアとサーシャが美男美女。どんどん進むから置いてきぼりにされてる感あるけどまあまあ楽しめる。これが面白いならエンバーおすすめ。

19世紀末のロンドンを舞台に、行方知れずとなった家族を探すべく、あらゆるものを黄金にかえてしまうというミダスの箱をめぐる少年マライアの活躍を描くアドベンチャー。

マイケル・シーンやサム・ニールといった演技派が脇を固めています。

空手師弟コンビが最後の闘いに挑む!(2016年8月19日放送)

otibosi
ベストキッド好き! 好きだけど今見ると、宮城さんなんでこんなに渋るん。んで、なんでこんなにあっさりいってること変えちゃうん。でも好き!

ミヤギとダニエルの師弟コンビの前に、第1作で道場を潰された「コブラ会」のボスが現れ、復讐を計ります。それに対し、彼らの挑発に乗って空手トーナメント出場を決心するダニエルでしたが…

ダニエルとミヤギの名コンビ最終作となる、シリーズ第3弾。空手の本質とは何かを改めて問う内容となっています。

大ヒットSFコメディシリーズ第1弾!(2016年8月22日放送)

bakutenmaru
この2人はカッコいい!
KuRooNeKo
何回見てもおもしろい

ウィル・スミス特集の第1弾にして、不法入星する宇宙人を取り締まる黒服の捜査官「メン・イン・ブラック(MIB)」の活躍を描く大ヒットSFコメディシリーズの第1弾。

この作品により、ウィル・スミスは大スターの地位を確立することとなります。

エイリアンから地球を守れ!黒服軍団、再び(2016年8月23日放送)

potunen
ウィル・スミスの感動ものアレルギーで避けてたけど、面白かった。ごめんウィル。
himitsudan
武器と車とウィル・スミスの小顔が格好いい。

ウィル・スミス特集にして、『MIB』シリーズの第2弾。

MIBのエリート捜査官として平穏な毎日を送っていたJの前に、超セクシーエイリアンのサーリーナが現れ、MIB本部を占拠してしまいます。この危機を救えるのは、前作でエージェント時代の記憶を抹消された元相棒のKだけ。果たしてJKコンビは地球を守れるのか?

人間とロボットの共存は可能か?近未来サスペンスアクション(2016年8月24日放送)

kemurin4869
2004年公開ということに驚き。。。
まだスマートフォンも普及していない、ルンバもお家のお掃除もしていない頃に、ロボットの自我やロボット工学三原則について描いた作品。
今ではよくあるテーマだが、当時は新鮮で目新しいテーマだった。最近では「トランセンデンス」も電脳という、自我について描かれた作品であるが、こちらの作品のほうがリアリティはあるのかな?と思う。
サスペンス的要素、ロボット工学三原則に対する矛盾を解き明かしていく流れは面白かったが、最後の収束がなんとも煮えきらない感じだった。
サニーのウィンクはいいね!
Yukari__Nakao
いつかはこんな世界も来るのかな
なんて思いました。

ロボットは表情がやっぱり無機質だから
ちょっと怖い。

ウィル・スミス特集第3弾。SF界の巨匠作家アイザック・アシモフの短編「われはロボット」を下敷きにした、近未来SFサスペンスアクション。

人間とロボットが共存する2035年のシカゴを舞台に、ロボット開発者が変死を遂げたことに端を発する、巨大な陰謀に巻き込まれる刑事スプーナー(スミス)の活躍を描きます。

「午後ロー」御用達、スティーブン・セガール親父出演作!(2016年8月25日放送)

もはや「午後ロー」とは切っても切り離せないアクションスター、スティーブン・セガール主演作。

同僚の裏切りにより人間不信へと陥り、ボディーガードとなった元刑事ローランド(セガール)が、再び仲間の裏切りにより誘拐された娘を救出する…というあらすじは二の次で、とにかくいつものセガール無双を堪能しましょう。

シリーズ第4弾、カラテガールが悪漢どもを成敗!(2016年8月26日放送)

tatumakiotosi
良かった

ミヤギさんのウインクにやられたー

師匠ミヤギはそのままに、主人公を女子高生のジュリーに代えて製作されたシリーズ第4弾。ミヤギとジュリーの師弟コンビが、高校を暴力で牛耳る自警団と対決します。

ジュリーを演じたヒラリー・スワンクは、後にアカデミー主演女優賞を2回獲得する名女優となりました。

いたずらっ子少年ケビンが再び大暴れ!(2016年8月29日放送)

2-Home-Alone-Wallpaper

Yuka_Ono
『ホーム・アローン2』鑑賞。クリスマスになると観ていた作品。やっぱり1には劣る気がするけど、それでもおもしろいものはおもしろい。途中で鳩のおばさんに同情して悲しくなる。作品に出てくるニューヨークのクリスマス風景がいまだに私の中の「海外のクリスマス」のイメージになっている。
Chiharu__Odai
クリスマスといったらホームアローンが見たくなる

1990年の大ヒットコメディ『ホーム・アローン』の続編。前作で自宅に入った泥棒コンビを退治した少年ケビンが、今度は大都会ニューヨークで再び泥棒コンビと遭遇することに…

2017年のアメリカ大統領選に立候補し話題となっている、不動産王ドナルド・トランプがカメオ出演しています。

ギリシャ神話をベースにしたファンタジーアクション(2016年8月30日放送)

タイタン

Keimiyazato
CGタップリでリメイクされた作品より自分はこっちのハリーハウゼン版が好き ジュディ バウカーも美しいし バージェス メレディスも良い。
Ken_Chang
レイ・ハリーハウゼンのコマ撮りシリーズは今見てもとても素敵。

ハリーハウゼンは父親の影響です。ファンだったので。

ギリシャ神話を基
に、神々の王ゼウスの息子・ペルセウスが活躍するアクション・アドベンチャー。特撮の巨匠レイ・ハリーハウゼンによるストップモーション手法による怪物が見ものです。

2010年に、CG満載のリメイク版も製作されています。

イリュージョンを使って銀行強盗を働く4人組(2016年8月31日放送)

buchoshi_
話の展開が早く、中弛みしないで最後まで突っ走ってくれる映画。
それ故に伏線がいくつも散りばめられているものの、推理する時間がなく、明かされて素直に驚き納得できる心地よさがある。
トリックも終わった後にすぐ種明かしがされるため悶々することもない。
頭空っぽにしてもう一回見たい映画。
Yuka_Ono
『グランド・イリュージョン』鑑賞。マジシャンたちの犯罪映画。スペシャリストたちが力を合わせる犯罪ものワクワクして好き。ゴージャスなマジックショーが楽しい。どんでん返しがあるけど嫌な類ではなかったしスッキリする。続編も観たいな。

“フォー・ホースメン”と呼ばれる銀行強盗団の活躍を描くクライムエンターテインメント。イリュージョンを駆使した大胆かつ鮮やかな犯罪手口が見どころです。

続編の『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』が2016年9月1日公開されます。

この記事はこちらの特集に含まれています。

X-MEN(エックスメン)特集
ゴジラ特集
夏休み映画特集
参考URL
www.tv-tokyo.co.jp
getnews.jp

PAGE TOP

カテゴリー一覧