2016年8月19日更新 757view

小清水亜美、「マクロス」「プリキュア」声優の魅力に迫る!

幼女から大人の女性、少年や幅広い演技力で常に最前線を走り続ける小清水亜美。デビューから主役を演じるなど若い時から才能を遺憾なく発揮してきました。今回はそんな小清水亜美の魅力に迫っていきます。

小清水亜美のプロフィール

小清水亜美

出典: x37.peps.jp

あみすけ、あみっけなどの愛称で親しまれる小清水亜美は1986年2月15日生まれ、東京都出身です。代表作は『ふたりはプリキュア』の越野夏子役や『コードギアス反逆のルルーシュ』のカレン・シュタットフェルト役などがあります。

第1回声優アワードでは『コードギアス反逆のルルーシュR2』の如月カレン役で「キャラクター賞女優部門」を受賞し、名実ともにトップ声優の仲間入りを果たします。

また、麻雀愛好家という一面もあり、声優グランプリ公認雀王決定戦!J-1グランプリVol.1で優勝するほどの腕前です。

11歳で劇団に入団

photo07

11歳から劇団若草へ入団します。その劇団で出会った飯塚雅弓の影響を受け、声優を志すようになります。また、劇団に在籍している時に三瓶由布子と出会い、それ以来の友人でもあります。現在、所属する事務所へ移籍するときも連盟で報告しているほどの仲の良さです。

当時中学2年生の時点で160cmを超えており、子役として役を貰えないことに悩んだ時期もありました。しかし、芝居は続けたいと考え、声優なら幅広く演じることができると思ったことも声優になるきっかけとなっています。

2003年声優デビュー

1363174699_1

2003年、16歳の時に『明日のナージャ』のナージャ・アップルフィールド役のオーディションに受かり、いきなり主演での声優デビューを果たしました。そこから、『スクールランブル』塚本天満役、『おねがいマイメロディ』桜塚美紀役、『交響詩篇エウレカセブン』アネモネ役など重要な役割を貰い、経験を積み重ねていきます。

『プリキュア』でキュアメロディに

16034815

出典: i.ntere.st

2011年に『スイートプリキュア♪』の主人公、北条響(キュアメロディ)役を演じています。

ここで、デビュー作『明日のナージャ』で共演した南野奏(キュアリズム)役の折笠富美子と再び共演することになり、ファンの間では話題になりました。以後、二人の関係は「夫婦のような関係」と例えています。

『プリキュア』で共演した憧れの人って?

f9616a5d2f793515bb483c99637e0025

この『スイートプリキュア♪』で小清水亜美は憧れの人物と共演することになります。『美少女戦士セーラームーン』のセーラームーンの声優として有名な三石琴乃です。三石は『スイートプリキュア♪』にハミィ役で出演。

共演している間はファンである思いを前面に出さないように、1年間も気持ちを押し殺しながら収録に望んでいたそうです。そして、全話収録が終わった時に三石琴乃に思いの丈を伝えることができました。

『マクロス』では美雲・ギンヌメールに、

1656860l

2016年、『マクロス⊿』で美雲・ギンヌメール役を演じます。これは架空の女性5人組戦術音楽ユニット「ワルキューレ」のエースボーカルという役柄です。年齢、素性、経歴が一切不明というミステリアスな少女の役です。

『マクロス』シリーズといえば、歌が戦術のツールとして使用されることが有名ですが、この美雲・ギンヌメールの歌唱パートはマクロスシリーズ最年少のJUNNAが担当することでも話題になりました。作中、小清水亜美による歌唱パートが無いことをスタッフから聞いたときは「よし、ラッキー♪」と思ったとのことです。

小清水亜美は歌も歌います!

小清水亜美

出典: gigazine.net

小清水は歌手としても活躍しています。初めて楽曲をリリースしたのは2006年で、アルバム『ナチュラル』でした。またこれまでにシングルを2枚リリース。

2007年に発売した『Sailing To The Future』はアニメ『AIKa R-16:VIRGIN MISSION』のオープニング曲として、2009年に発売された『FLYING KID』は、『AIKa ZERO』のオープニング曲としてそれぞれタイアップしています。

2016年放送のアニメ『マクロス⊿』では「ワルキューレ」のメインボーカル美雲・ギンヌメールを演じていますが、本作では歌声は披露していないようです。

この記事はこちらの特集に含まれています。

声優特集
参考URL
ja.wikipedia.org

PAGE TOP

カテゴリー一覧