2016年8月1日更新 3,496view

『ナルト』果たしてヒロインといっていいのか?春野サクラを徹底紹介

ピンクの髪が印象的な勝気で男勝りな性格の少女、春野サクラ。主人公ナルトからは想いを寄せられているようですが、彼女には他に好きな人がいるらしく...いろいろと問題がありそうなヒロイン春野サクラについて迫ります!

春野サクラのプロフィール

春野サクラ『NARUTO』

『ナルト』で主人公のナルト、うちはサスケとともに成長していくメインキャラクターの春野サクラ。

彼女はくの一ではあるものの、特殊な血筋や家系ではない生まれで、父と母も普通人です。怪力の持ち主で、また気性の荒い短気な性格。成績が良く、医療忍術が得意という優秀な一面もあります。

今回はそんな『ナルト』のヒロイン(?)である春野サクラに迫っていきます。

ナルトのヒロイン?

春野サクラ2『NARUTO』

出典: festy.jp

うちはサスケに恋をしているサクラは、サスケに対してはとても女の子らしい態度を取っていますが、仲間であるナルトにはその勝気で男勝りな性格からか常に悪態をついています。仲間としてナルトのことをとても思っていますが、どうやら恋愛感情などはまったくないようです。

ナルトからは昔から想いを寄せられているサクラですが、そのことを知ってか知らずか、いつもナルトに対してはツレナイ態度。勝気で男勝り、そして貧乳のヒロインです。

サクラの能力は?

春野サクラ』3『NARUTO

くの一ではあるものの、特殊な能力をもつ家系の出身ではない春野サクラは、特別秀でた忍術を使えるわけではありません。常に努力家であるため、成績優秀でありペーパーテストでは毎回良い結果を残していますが、実際の戦闘となるとそれほどの活躍はできていないのが苦しいところです。

しかし努力の甲斐あってか、徐々に成長を見せ、医療忍術と怪力を身に付けることに成功しています。その勝気な性格と怪力を生かした豪快な技と、繊細できめ細やかな医療忍術の両方を使いこなせるくの一となりました。

綱手とサクラはどっちが上なのか

網手『NARUTO』

春野サクラに医療忍術習得のきっかけを与えた人物、綱手。医療のスペシャリストであり、忍びとしても確かな実力を持つ「伝説の三忍」の一人。ナルトの師匠である自来也とは同期であり、同年代ですが、術で姿を変え、若々しい風貌を保っています。とてつもない怪力の持ち主であり、指一本で地面を叩き割ることができるほどで、サクラは綱手から医療だけではなくこの怪力も習得しました。

特殊能力や必殺技なども持ち合わせていない、普通人の家系の出身である春野サクラを綱手2号と呼ばれるまでに育て上げたのは、他でもない彼女です。サクラからはとてもしたわれており、時折「綱手様」と呼ばれることもある彼女は、サクラの師匠であり、恩師であり、永遠に越えられない壁であるのでしょう。

サクラと山中イノの関係は?

山中イノ『NARUTO』

出典: topicks.jp

山中イノは、かつての春野サクラの親友です。サクラは明るく勝気で男勝りな性格が特徴のキャラクターですが、その昔はコンプレックスをたくさん抱えた気弱な性格の少女で、よく広い額をからかわれ泣いていました。

そんなサクラに山中イノはリボンをプレゼントし、隠しているからからかわれるのだから、思い切って額を出すように忠告します。その日からサクラとイノは大親友となりました。

徐々に明るい性格へと変わっていくサクラでしたが、イノもサスケを好きだということに気づき、リボンを返し、ライバル宣言をします。それからは緊迫した関係が続いていますが、それもいがみ合っているというわけではなく、親友がライバルとなった、という独特の緊張感ゆえのことでしょう。

サクラの優柔不断さには多くの読者がいらいらした?

』春野サクラ4『NAUTO

出典: festy.jp

共に戦い、サスケを連れて帰ることを固く誓ったサクラとナルト。その戦いの途中で、サクラはナルトの本心を知ってしまいます。ずっと昔から、自分はナルトに想われていたこと。サスケに対する自分の想い、そして必ずサスケを連れ戻すという誓いがナルトを苦しめていること。ナルトの負担を取り除くためにサクラは嘘をついてしまいます。

ナルトのことが好きになったから、もうサスケのことはどうでもいい…だなんて、あまりにそれはひどいですよね。案の定ナルトにも嘘を見破られ、読者にも呆れられてしまう結果となりました。

サクラの声優は誰?

中村千絵

春野サクラの声優は、中村千絵です。

快活なハイトーンボイスが印象的な中村千絵の代表作は、2014年の『金田一少年の事件簿R』での十神えりな役や、2016年の『逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』の綾里千尋役などがあります。

本作でサクラの声を担当したことは、彼女の声優キャリアにとって大きな一歩となったでしょう。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ナルト特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧