2016年10月28日更新 297view

樋口真嗣、『進撃の巨人』や『シン・ゴジラ』監督のおすすめ映画

特撮、アニメに精通しており両ジャンル作品の監督を務め、数々のヒット作を生み出した樋口真嗣。現在は実写映画制作にも携わり、骨太な日本映画を作り出す監督としても活躍中です。そんな樋口真嗣監督のおすすめ映画を紹介します。

樋口真嗣監督のおすすめ作品を一挙紹介

011-higuchi_main01

出典: cgworld.jp

樋口真嗣は東京都出身、1965年9月22日生まれの映画、特技監督です。高校卒業後、交友のあったアニメーション監督・庵野秀明が立ち上げたガイナックスで「ふしぎの海のナディア」の監督、「新世紀エヴァンゲリオン」で脚本家を務めるなど、アニメーションのヒットメーカーとして様々な作品に携わりました。

2005年、実写映画『ローレライ』で監督デビュー。その後、アニメーションと平行して数々の実写映画の製作を行います。2012年に犬童一心とW監督を務めた『のぼうの城』では日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞し、監督としての手腕も高く評価されています。今回は数々の映画作品を生み出した樋口真嗣監督のおすすめ作品を一挙紹介いたします!

ゴジラシリーズの最新作!【2016年】

norisuke_vip
ここまで面白くなっているとは思わなかった
1作目ゴジラの現代版って感じで最高によかった
ゴジラが強い
yupiberry
ゴジラ映画を初めて見たけど、完全に大人の映画だった。あっという間の二時間。これは震災か、あるいは戦争か、リアリティのない設定に何故かリアリティを感じるのはやはり震災後だから?
会話のテンポも早く、字幕の流れも早く、でもそれだけスピーディーな展開が面白い!見ごたえある映画でした。

『シン・ゴジラ』は、2016年にシリーズ29作目として公開されました。

東京に現れた巨大不明生物が、脅威の進化を遂げながら街を破壊していきます。巨大生物には「ゴジラ」と名付けられ、日本政府は自衛隊を総動員させて攻撃を開始するも、反撃され甚大な被害を被る事に。日本全土が絶叫の渦に巻き込まれるなか、ゴジラは世界を破壊しつくしてしまうのでしょうか…。

樋口真嗣は監督と特技監督を務め、美術セット、劇中で描かれる国際状勢や政界の描写に徹底的なリアリティーを追求しました。

実写映画『進撃の巨人』シリーズにも携わっていた

三浦春馬を主演に迎え公開された1作目【2015年】

gonbe73
2016/07/27
賛否両論あったけどめちゃくちゃ面白いじゃん!リヴァイいないとか色々変更点がどうなるか気になってたけどこんぐらいの改変しないと原作のイメージ強すぎて駄作になっちゃうよな。進撃の巨人にガメラとかゴジラとかもしかしたらウルトラマンとかの昔の巨大ヒーローの影響をもろに感じる。エレンが戦うシーンとかウルトラマンだよなー。こりゃ原作ファンには受けれられないよな。
ところどころにヘリとかミサイルらしきものとかがあって後編でどう決着つくか楽しみだ。

諫山創(いさやま はじめ)原作、大ヒット漫画の「進撃の巨人」は2015年に樋口真嗣監督によって映画化されます。映画は前編、後編の2部作として上映されました。

前編の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』では謎の巨人の発生により滅亡の脅威に立たされた人類は、巨大な城壁の内側で暮らすことにより、安全が確保された生活を送る事ができようになります。しかし、100年後、その平安は1匹の巨人によって容易く崩され…。主人公・エレンが獅子奮迅する姿を描きます。

巨人襲来の謎が解き明かされる!?2作目【2015年】

gonbe73
2016/07/29
まさかの草薙剛!
面白いほど巨人から遠ざかったな(笑)体制が悪で反体制が善なんだけどいきすぎた結果悪になってしまうとかすごいヒーローもの?のたくさんのいいとこを詰め込んだ感じだった。町山さんといい樋口さんといいヒーロー愛がすごいんだろうな。
そして最後のシーン。なんでかわからない壁に囲まれてるってことはそういうことだよね?って感じだけどあれいるのかな?→すこし解説読むとハッピーエンドの大団円からそれだけで終わらないよ?っていう製作者の遊び心なのかなという気が。箱庭の人形か。

2部作の後編として上映された『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』では、人間と巨人の決死の戦いが特撮でダイナミックに表現されました。

巨人から人類を守るための自衛調査兵団に入兵したエレン。人類救済の鍵を握るエレンに果たして人類を救うことができるのでしょうか…?

平成ガメラシリーズを作り上げた立役者

空前のヒット作となった平成ガメラの1作目【1995年】

dscf5324

cla_sta
最終決戦時のガメラ登場でマンホールが飛ぶところがミニチュア屈指の名シーンだと思う。

昭和に生まれた特撮映画「ガメラ」は、平成までシリーズされ多くの特撮ファンを魅了しました。

樋口真嗣は“平成ガメラシリーズ三部作”の1作目『ガメラ 大怪獣空中決戦』で特技監督を務めています。巨大生物をガメラ、怪鳥をギャオスとの戦いをダイナミックに描いた1作目は観客動員90万人を記録し、ヒット作となりました。

さらなる敵が待ち受ける2作目【1996年】

20130430222213af4

Koji__Mitani
平成ガメラの中で一番好き。
自衛隊かっこよすぎ。

2作目の『ガメラ2 レギオン襲来』では前作から1年後に巻き起こる、怪獣レギオン、ガメラ、自衛隊の三つ巴の戦いが描かれています。樋口真嗣は特技監督を務めました。

特撮技術を極めた3作目【1999年】

Gamera3_main

Koji__Mitani
なんだかんだで日本特撮の完成形。

3作目の『ガメラ3 邪神覚醒』は2作目から3年後の地球で巻き起こる、怪獣イリス、ギャオス、ガメラの決死の戦いが描かれています。樋口真嗣は特技監督を務めました。

日本アカデミー賞を総ナメにした一大ヒット作【2012年】

31chan_t
野村萬斎がハマり役
というか全体的に良い配役
時代ものでよく感じてしまうけど、観てて違和感がなかった!

内容はなんかあっさり終わってしまった気もするけど
ハラハラしたり笑ったり楽しい作品

ベストセラーとなった和田竜原作「のぼうの城」を2012年に犬童一心と樋口真嗣でW監督した作品。

秀吉が唯一落とせなかった“忍城(おしじょう)”という城を舞台に、“のぼう様(でくのぼうの意)”と慕われた城代・成田長親率いる500の兵と秀吉率いる2万の兵の戦いが描かれました。籠城戦の行方をコミカルなキャラクターと奇想天外な戦術で面白可笑しく描き、第36回日本アカデミー賞の10部門で最優秀賞を受賞しました。

出演者も野村萬斎、榮倉奈々、佐藤浩市と、豪華キャストが勢揃いしています。

日本映画の名作をリメイクした一作!【2008年】

1050Carnival
宮川大輔が凄くよかった

樋口真嗣監督によって2008年に映画化された作品。1958年に公開された黒澤明監督作品『隠し砦の三悪人』のリメイク版として製作されました。

莫大な黄金と黄金を隠した姫を守るため、悪人三人が立ち上がる冒険活劇。三悪人を阿部寛・松本潤・宮川大輔という凸凹コンビが演じ注目を集めました。

特撮技術を駆使し描かれた大地震が見物【2006年】

ciatr_ryouka3
恐ろしい。ただただ恐ろしい。津波の描写や地震による日本が崩壊していくさま、東京が崩れる、沈む。圧倒されたままになるが、そこに人の温もりが入り込み、心打つ内容だった。豊川悦司と大地真央、よかったなぁ。
ringoringotea
前に録画していてやっと観れました。
2006年の作品。当時ならばありえない内容も、2016年の今、すぐに起きる可能性もありって思えてしまうご時世。人は最期に何を思うのか考えさせられました。トヨエツが出てた。

SF作家の神様・小松左京原作『日本沈没』を樋口真嗣監督が現代調に大胆リメイクした本作は2006年に公開されました。

日本の大規模な地殻変動により列島の殆どが海中に沈むという予測が科学者のよってなされた後、大地震が頻発するようになります。天変地異の状況下で、日本の未来はどうなってしまうのか…。日本が災害によって崩壊していく描写は圧巻です。

圧倒的な迫力をもつ戦争アクション映画【2005年】

ciatr_ryouka3
樋口監督作品を見たくて選んだ作品。潜水艦が海底を滑らかに進む姿、敵軍のミサイルを避けながら泳ぐ美しさ。そして日本を守った多くの魂を感じることができたような気がしました。

2005年に樋口真嗣監督が長編映画として初監督をした本作は、第二の原爆投下を阻止するために“鋼鉄の魔女”と呼ばれた潜水艦がある作戦を決行するというストーリー。

特撮に精通した樋口監督だからこそ描ける、骨太な戦争アクションに仕上がっています。

『ゴジラ』にも協力していた!

NewImage32

cla_sta
個人的ゴジラトップ3の名作
asarni
2016/08/17 伊豆諸島の大黒島で噴火が発生した後にゴジラが現れ、ゴジラの研究者が超音波にゴジラが反応することを突き止めたので、米ソが核爆弾でゴジラを仕留めようとする中、三原山を人工的に噴火させてゴジラを超音波でおびき寄せて火口に突き落とそうとする話。

1984年公開の『ゴジラ』はシリーズ16作目で、ゴジラ誕生の30周年記念作品として製作されました。

樋口真嗣監督は高校卒業後、本作にて特殊造形の製作に携わったこときっかけで、映画界に入ります。そうした造形製作の経験が特撮映画でのカットを演出するという特技監督の仕事で生かされています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ゴジラ特集
進撃の巨人特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧