2016年11月5日更新 1,490view

『ピートと秘密の友達』海外感想評価まとめ【ネタバレ注意】

日本では劇場未公開だった1977年の映画『ピートとドラゴン』がリメイクされて帰ってきました。アメリカではすでに公開されネット上には多くの意見が掲載されています。そんなリメイク新作『ピートと秘密の友達』の海外感想評価をご紹介します。

2016年夏に日本でも公開『ピートと秘密の友達』

1977年に公開されたディズニーのファンタジー映画『ピートとドラゴン』は当時、日本では劇場未公開でした。しかし2016年12月24日にCGと実写が駆使されたリメイク版が公開されます。

日本より一足早く公開されたアメリカの映画評価サイトIMDbでは7.3/10の評価を得るなど日本での公開にも大きな期待が持てそうです。そんな2016年に公開される新作『ピートと秘密の友達』の海外での感想や評価をご紹介します。

ディズニーリメイク映画の中でも最高傑作、と絶賛の声が多数!

petes-dragon-2016

オリジナルの『ピートとドラゴン』(1977)を子どもの頃に見たけれど、今作は違う部分も多くてそれでいてマジックや見えないものを信じる気持ちが学べる映画。

そう簡単に映画の評価に10(満点)を付けるほうじゃないけど、これは素晴らしい映画。特にこの映画のエンディングは最高だよ。

原作の『ピートとドラゴン』を見て育った世代だけど、新しい『ピートとドラゴン』も原作とはかなり違ってよかった。素晴らしいファミリー映画になっているよ。

引用:imdb.com
1977年公開の『ピートとドラゴン』のように歌ったり、踊ったりというシーンはなかったけど、ピートとエリオット(ドラゴン)の掛け合いがとても面白かったよ。

普段はあまりファミリー映画のファンではないけれど、新作『ピートと秘密の友達』はセンセーショナルなストーリーでよかった。

最初の5分映画をみただけで残りが想像できると思ったけど、ラストシーンに想像以上でとても驚いた!

引用:imdb.com

ピート役オークス・フェグレイの素晴らしい演技に称賛の声!

pete-dragon

出典: metro.co.uk
ピート役の男の子の演技がすごくよかった。演技をしている姿からも、彼自身が演じるということが好きなのが伝わってきた。

子役ってどうしても映画の中でうるさかったりめんどくさい役が多いけれ、ピート役の子役の本物のような演技が素晴らしかった。

言葉を発することすらできないエリオットとピートの友情がスクリーンを通してものすごく伝わってきた。

引用:imdb.com

CGIの使用については評価する声が多数

peteanddragon-CGI

エリオットの毛は本物の毛のようで、彼の顔の動きを見ているとCGIでできたキャラクターとは思えないような表現力で素晴らしかった。

新聞の評価ではCGIが酷いって読んだけど、あの評価を書いた人は眼鏡をかけたほうがよさそうね。

エリオットの大きな体を表現したCGIはすごかった。監督たちは正しい使い方をしていると思うし、劇中でのCGIの使い方が間違っているとは思わないわ。

引用:imdb.com
できれば劇場で、3Dで見るのがおすすめ!そのほうがCGIがより楽しめると思う。

今まで劇場で見たドラゴンの中でも最も素晴らしいCGIで描かれたドラゴンだったと思う。それぐらい本物のようだった。

このドラゴンに関しては、ディズニーは素晴らしいCGIを使用していると思った。

引用:imdb.com

オリジナル『ピートとドラゴン』のファンなら見ないほうがいい、という声も

petes-dragon-disney-1977

1977年公開の『ピートとドラゴン』ファンにとっては、かなりガッカリする内容になっているはず。ストーリーはほとんど変わってしまっているし、同じなのはピートという少年とエリオットというドラゴンが登場することぐらい。

なぜ『ピートとドラゴン』をリメイクしようと思ったのかすらわからない。映画自体が古いわけでもないし、新作『ピートと秘密の友達』には踊りや歌も出てこない。オリジナルがよかっただけにとても残念。

引用:imdb.com

子どもにも退屈で怖すぎるシーンも、との意見も

pete-dragon-2016

事故で両親が死んでしまいピーターが森の中で1人きりになって、泣き叫んだり、狼に追われたりするシーンはファミリー映画としては子どもには過激すぎると思う。

うちの子ですら映画の中盤辺りですでに眠っていたぐらい、退屈な映画。

ファミリー映画だからといって、こんなに安っぽく映画を制作しなくてもと思ってしまうような映画だった。

引用:imdb.com

この記事はこちらの特集に含まれています。

ディズニー映画特集
参考URL
www.imdb.com
en.wikipedia.org

PAGE TOP

カテゴリー一覧