2016年9月5日更新 4,584view

異色のラブコメ『ジェーン・ザ・ヴァージン』について知っておきたい13のこと

TheCWのドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』は初体験も済ませていない女性ジェーンが人工授精で妊娠してしまう異色のラブコメ作品。現在ネットフリックスで配信されているこのシリーズは世界中で大人気を博しています。今回は『ジェーン・ザ・ヴァージン』について知っておきたい13のことを紹介します。

1.『アグリー・ベティ』×『ギルモア・ガールズ』のような作品!?

ジェーンザヴァージン

『ジェーン・ザ・ヴァージン』のクリエイター“ジェニー・スナイダー・アーマン”は本作に取り掛かる前、ドラマシリーズ『ギルモア・ガールズ』のプロデューサーや脚本家を務めていました。

『ギルモア・ガールズ』は16歳の少女が出産するハートフルドラマで、このシリーズの経験がジェニー・スナイダーに多大な影響を与えていたようです。

また、ジェニー・スナイダーは『ジェーン・ザ・ヴァージン』を『アグリー・ベティ』と『ギルモア・ガールズ』を掛け合わせたような作品を目指したと語っています。

2.ジェーンは人気シリーズを断っていた!?

ジェーン・ザ・ヴァージン

本作の主役ジェーンを演じたジーナ・ロドリゲスは『ジェーン・ザ・ヴァージン』出演が決定する前、人気ドラマシリーズ『デビアスなメイドたち』のオファーを断っていたそうです。

ジーナ・ロドリゲスがこんなことを語っていました。

“『デビアスなメイドたち』でブレイクする気はありませんでした。

『ジェーン・ザ・ヴァージン』はありのままの自分でいられる作品でした。なぜなら本作は私が出演するべき作品だったから。シリーズがどれほど続くかは分かりませんが、『ジェーン・ザ・ヴァージン』の物語を心から語りたかったのです。”

3.ジェームズ・カミルは本物のテレノベラスターだった!?

テレビ―ノ

ジェームズ・カミルは本作でテレノベラ(南米のメロドラマ)役者ロジェリオを演じていました。

『ジェーン・ザ・ヴァージン』製作陣はリアリティを生み出すためロジェリオ役のキャスティングには相当こだわっていたようです。

ジェームズ・カミルは実際のメキシコのテレノベラスター俳優で、アメリカの大人気ドラマ『アグリ・ベティ』の基となった『ベティ~愛と裏切りの秘書室』に出演していました。

4.ナレーターは独立したキャラクター!?

ジェーン・ザ・ヴァージン

異色のラブコメドラマ『ジェーン・ザ・ヴァージン』に欠かせないのがチャーミングなナレーターの存在。アンソニー・メンデスが担当しているこのナレーターには“ラテン・ラバー・ナレーター”という名前が付けられているそうです。

アンソニー・メンデスはこんなことを語っていました。

“従来のヴォイスオーバーは映像化されなかった場面を補う役割を果たすものですが、本作のナレーターは従来のヴォイスオーバーとは一線を画しています。

ラテン・ラバー・ナレーターはほとんど独立したキャラクターのようなものなのです。”

5.英語はリスニングのみ!?

ジェーン・ザ・ヴァージン

本作の熱心なファンならもう気づいているかもしれませんが、作中イヴォンヌ・コール演じるジェーンの祖母アルバ・グロリアーナ・ビラヌエバは英語を話していません。

アルバは娘や孫の話す英語は理解しているものの、それに対する反応は全てスペイン語でした。

6.TheCWネットワーク初の快挙!?

ゴールデングローブ賞

『ジェーン・ザ・ヴァージン』はゴールデングローブ最優秀テレビシリーズ賞ミュージカルコメディ部門、最優秀主演女優賞ミュージカルコメディ部門の2部門にノミネートされた作品。本作はTheCWネットワークに初めてゴールデングローブ賞をもたらした、歴史的シリーズとなりました。

7.エリオットが楽曲提供していた!?

ジェーン・ザ・ヴァージン

出典: m.cwtv.com

プロデューサーのエリオット・ランタナ役を演じていたのはコロンビアのロックミュージシャン“フアネス”という人物です。

本作が俳優デビューだったフアネスは『ジェーン・ザ・ヴァージン』のために“Una Flor”という楽曲を提供していました。

8.ペトラはCWドラマ常連!?

ジェーン・ザ・ヴァージン

『ジェーン・ザ・ヴァージン』でペトラを演じる前、イスラエル人女優ヤエル・グロブグラスは2つのTheCW系ネットワークドラマに出演していました。

キエラ・キャス原作の『ザ・スケルトン』でアメリカ・シンガー役、ファンタジードラマ『REIGN/クイーン&メアリー』でオリヴィア役を演じています。

9.7歳差の親子!?

ジェーン・ザ・ヴァージン

ジェーンを演じたジーナ・ロドリゲスとジェーンの母親シオマラを演じたアンドレア・ナヴェドの年齢差はわずか7歳です。

ちなみにドラマの中で、シオマラはジェーンを16歳の時に授かった設定でした。

10.ラファエルの家族がカメオ出演していた!?

ジェーン・ザ・ヴァージン

『ジェーン・ザ・ヴァージン』シーズン2の第1話の授乳教室のシーンに、ホテルのオーナー“ラファエル”を演じたジャスティン・バルドニの奥さんエミリーと娘マイヤがカメオ出演していたそうです。

11.警察のトレーニングを受けていた!?

ジェーン

ジェーンの元恋人マイケル・コルデロJrを演じたブレット・ディーアは刑事役を正確に体現するため、実際にプロの警察官トレーニングを受けて役作りに励んでいたと言われています。

12.テーマに合わせてカラーコーディネートされていた!?

ジェーン・ザ・ヴァージン

『ジェーン・ザ・ヴァージン』は赤ちゃんをテーマとした作品だったため、シーズン1の備品や装飾、キャラクターたちの衣装にベビーピンクやベビーブルーの配色が意図的に採用されていたそうです。

13.ラファエルとマイケルは仲が良い!?

ジェーン・ザ・ヴァージン

ジャスティン・バルディニ演じるラファエルとブレット・ディーア演じるマイケル・コルデロ・Jr.は作中敵対関係にあるキャラクターですが、プライベートではとても良い友人関係を築いているそうです。

この記事はこちらの特集に含まれています。

海外ドラマ特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧