2016年9月15日更新 14,082view

『美女と野獣』のベルが最高のプリンセスである10の理由

ディズニーで最も人気のあるプリンセスの1人といったらベルの名前があがるでしょう。美しく、心優しい彼女と野獣の愛の物語は有名ですよね。2017年にはエマ・ワトソン主演で実写化されます。今回はそんなベルの魅力に迫ります。

1.ベルは人間の内面を見る

bell1

人間の内面をきちんと見ることができることは1種の能力かもしれません。ベルは町の英雄で人気者のガストンに騙されることはなく、さらにイライラした野獣の心の優しさを見出します。

ベルは町の女の子たちが憧れるガストンの心の醜さを見出し、野獣を外見で判断することは決してありません。他のディズニー映画では基本的にヒロインがハンサムで背の高い王子と恋に落ちますが、ベルは違います。外見で判断することなく時間をかけて野獣の美しい魂に惹かれていったのでした。

2.読書の大切さを知っている

bell2

ベルの趣味は読書。たくさんの本を読み、空想にふけることが大好きなちょっと変わった女の子なのです。

きっと様々な本を読むことは多くの知識を得てイマジネーションを豊かにするだけではなく、ストレスから逃げれることも知っていたのでしょう。もし何か嫌なことがあったらベルのように本の世界に入り込むのもいいですね。

3.何があっても家族を大切にする

bell3

母親がいないベルは父親の手1つで育てられました。発明家の父親が皆に見下されていても、ベルはいつも父親の味方です。父親と一緒にいることで風変りと思われ友達もなかなか作れずにいる彼女ですが、それでもベルは父親を責めることなく、いつも父親を愛しています。

それは彼女は野獣がベルの父親を人質として捕えたとき、父の身代わりになるほど。もちろんベルはその後どんな未来が待ち受けているのかは知りませんでしたが。彼女の家族に対する愛は計り知れません。

4.ガストンなんて相手にしない

bell4

ベルとガストンが会話をしているシーンは多くの人にとってのお気に入りの瞬間ではないでしょうか?彼女はガストンが人気だとか、ハンサムだとかはまったく気にしていません。彼が求婚しても、彼女は全く見向きもしません。

ベルのガストンのあしらい方は見ていて爽快です。特にベルがガストンを家から追い出して、彼が豚と一緒に泥の中に落ちたシーンは最高でしたね。

5.大きな夢を持っている

bell55

ベルは野心家で大きな夢を持っているという一面も持っています。彼女は小さな町の端に住んでいますが、本当は他のところに移動したいという思いを抱いていました。

そしてベルは困難に果敢に挑んでいく意志をいつも持ちあわせています。ベルはただ人生を無為に過ごすのではなく、目標などに到達して生きている感覚を味わいたいという強い欲求を持った女性です。

6.ベルは勇敢

bell6

出典: corazon.pe

ベルは決して恐れた姿を見せません。そもそも父親の代わりに野獣の人質になることなんて勇敢でなければできないでしょう。

他にも彼女の勇敢さを物語るエピソードがあります。ある時、ベルは馬に乗っていたところをオオカミに襲われました。彼女の馬は森の木に引っかかり身動きが取れない状態。

そんな時でも彼女は逃げることなく、自身と馬を守るために大きな棒を掴むという勇敢さを示します。

7.ベルは愛する者のために戦う

bell7

ベルはどんな状況でも犠牲者にならない女性。彼女が牢屋に入った父親を発見した時に放った最初の一言は、「誰がこんなことをしたの?」。すぐに「私はあなたの元を離れないわ」といって父親を安心させます。

もしベルがあなたの友人だったら、彼女はいつもあなたの味方になってくれるでしょう。できることは何でもして、あなたが抱えている問題を解決しようとしてくれるはずです。ベルは作中で野獣を倒そうとする町の男たちに、野獣は悪者ではないと説得しようとします。彼女は野獣のために戦う価値があると思ったのでしょう。

ベルは愛する者のためなら、どんな危険な事でもする勇敢なプリンセスなのです。

8.ベルは愛することを怖れない

bell8

映画内でベルがした最も重大な決断は、野獣を愛するかどうということでしょう。彼女は町の他の女の子と比べると、自身が少し変わっていることを気にしています。そして野獣に恋をすることが普通ではないことは誰の目にも明らかです。

野獣がベルを抱きしめたとき、彼女は抵抗してしまいます。やはり彼女も普通ではないということが心配だったのです。しかし最終的に彼女は野獣を愛するという決断をするのでした。

9.ベルの生き方は人々をより良い人生へと向かわせる

bell9

野獣がガストンを殺さないでいたのはベルという女の子の内面を知り、彼女を愛していたからでした。城の端でガストンを掴んで落とそうとしていた野獣。野獣はガストンと以前の自分を重ね合わせました。ハンサムだがとても我儘で傲慢だった以前の自分の姿をです。

しかし、ベルと知り合って人間の内面は変えることができるということを野獣は学んでいました。野獣はガストンに生きるチャンス、彼の失敗を償うチャンスを与えました。

ベルは他のディズニープリンセスと同じように可愛いです。しかしそれだけが野獣がベルに恋をした理由でしょうか?野獣は彼女と過ごすことで変わっていきました。ベルの優しい心によって。

彼女の美しい心が野獣の行動、行いを少しずつ変えていったのです。彼らは外見に恋をしたのではなく、お互いの心に恋をしたのでした。

10.エマ・ワトソンがベルを演じる

エマ・ワトソンよりも完璧にベルを演じることができる女優はいないでしょう。彼女は素晴らしい才能を持った女優であるということを証明し続けています。エマが私たちを満足させるベルを演じてくれるのは間違いありません。

実写映画『美女と野獣』の日本公開は2017年4月22日に予定されています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ディズニーキャラクター特集
ディズニープリンセス特集
ディズニー特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧